「LFA」スペシャル版、ニュルを7分14秒64で走破

2011.09.07 自動車ニュース

スペシャル版「レクサスLFA」が、ニュルで7分14秒64を記録

トヨタ自動車は2011年9月7日、ニュルブルクリンクにおいてスーパースポーツ「レクサスLFA ニュルブルクリンク パッケージ」のテスト走行を実施したと発表した。

「レクサスLFA ニュルブルクリンク パッケージ」は、スーパースポーツ「レクサスLFA」のスペシャルバージョン。
サーキット走行を前提に、CFRP(炭素繊維強化プラスチック)でできた大型フロントスポイラーや固定式大型リアウイング、専用のサスペンションやホイールで武装したうえ、4.8リッターV10エンジンの出力も560psから571psへと高められている。

現地時間の8月31日、LFA開発の部隊となったドイツのニュルブルクリンク北コースにおいて走行テストが行われ、7分14秒64のラップタイムが記録された。
ステアリングを握ったのは、レーシングドライバーの飯田章氏。使用されたタイヤは、同車に標準で装着される予定の「ブリヂストンPOTENZA RE070」とのことである。

タイムアタックの様子は、こちらのオンボード映像で確認できる。
(※再生にはWindows Media Playerが必要です)

(webCG 関)

ニュルブルクリンク北コースを走る「レクサスLFA ニュルブルクリンク パッケージ」。
ニュルブルクリンク北コースを走る「レクサスLFA ニュルブルクリンク パッケージ」。

「LFA」スペシャル版、ニュルを7分14秒64で走破の画像
今回タイムアタックに臨んだ、飯田章氏(後列左)ほか開発スタッフ。
今回タイムアタックに臨んだ、飯田章氏(後列左)ほか開発スタッフ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

LFAの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • レクサス・オールラインナップ試乗会【試乗記】 2017.1.19 試乗記 新型ラグジュアリークーペ「LC」の投入や、旗艦セダン「LS」のフルモデルチェンジなど、ビッグイベントを控えるレクサスがオールラインナップ試乗会を開催。サーキットと公道で、レクサスの現時点での立ち位置を確かめた。
  • 第1回:スポーツカーにはストーリーが必要だ!
    「ジャガーFタイプ」の魅力を考える
    2017.2.16 特集 現代における“ジャガーネス”の源泉ともいえる「Fタイプ」に試乗し、その魅力を考える当連載。今回はジャガースポーツの金字塔ともいえる1960~70年代の「Eタイプ」に思いをはせながら、Fタイプを走らせた。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
ホームへ戻る