「LFA」スペシャル版、ニュルを7分14秒64で走破

2011.09.07 自動車ニュース

スペシャル版「レクサスLFA」が、ニュルで7分14秒64を記録

トヨタ自動車は2011年9月7日、ニュルブルクリンクにおいてスーパースポーツ「レクサスLFA ニュルブルクリンク パッケージ」のテスト走行を実施したと発表した。

「レクサスLFA ニュルブルクリンク パッケージ」は、スーパースポーツ「レクサスLFA」のスペシャルバージョン。
サーキット走行を前提に、CFRP(炭素繊維強化プラスチック)でできた大型フロントスポイラーや固定式大型リアウイング、専用のサスペンションやホイールで武装したうえ、4.8リッターV10エンジンの出力も560psから571psへと高められている。

現地時間の8月31日、LFA開発の部隊となったドイツのニュルブルクリンク北コースにおいて走行テストが行われ、7分14秒64のラップタイムが記録された。
ステアリングを握ったのは、レーシングドライバーの飯田章氏。使用されたタイヤは、同車に標準で装着される予定の「ブリヂストンPOTENZA RE070」とのことである。

タイムアタックの様子は、こちらのオンボード映像で確認できる。
(※再生にはWindows Media Playerが必要です)

(webCG 関)

ニュルブルクリンク北コースを走る「レクサスLFA ニュルブルクリンク パッケージ」。
ニュルブルクリンク北コースを走る「レクサスLFA ニュルブルクリンク パッケージ」。

「LFA」スペシャル版、ニュルを7分14秒64で走破の画像
今回タイムアタックに臨んだ、飯田章氏(後列左)ほか開発スタッフ。
今回タイムアタックに臨んだ、飯田章氏(後列左)ほか開発スタッフ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

LFAの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る