「ホンダ・ステップワゴン」にハイブリッド車が登場

2017.09.28 自動車ニュース
「ホンダ・ステップワゴン スパーダ ハイブリッド」
「ホンダ・ステップワゴン スパーダ ハイブリッド」

本田技研工業は2017年9月28日、「ステップワゴン」「ステップワゴン スパーダ」にマイナーチェンジを施すとともに、ステップワゴン スパーダにハイブリッドモデルを追加設定すると発表した。同年9月29日に販売を開始する。

化粧直しが施された「ステップワゴン スパーダ」のフロントマスク。従来より強い存在感が演出されている。
化粧直しが施された「ステップワゴン スパーダ」のフロントマスク。従来より強い存在感が演出されている。
「ステップワゴン スパーダ」のルーフの後端には、新デザインのテールゲートスポイラーが装着される。
「ステップワゴン スパーダ」のルーフの後端には、新デザインのテールゲートスポイラーが装着される。
今回追加設定された、ハイブリッドモデルのインテリア。
今回追加設定された、ハイブリッドモデルのインテリア。
ハイブリッドモデルには、専用デザインのメーターパネルが備わる。
ハイブリッドモデルには、専用デザインのメーターパネルが備わる。
「ステップワゴン スパーダ ハイブリッド」のハイブリッドシステム。システム総出力215psを発生する。
「ステップワゴン スパーダ ハイブリッド」のハイブリッドシステム。システム総出力215psを発生する。

スパーダを集中的にリファイン

今回のマイナーチェンジでは、ステップワゴン スパーダのエクステリアデザインを変更。新たな意匠のLEDヘッドランプやフロントグリルで、スタイリッシュかつダイナミックなマスクが表現された。一方リアには、空力性能を見直したテールゲートスポイラーが装着される。なお、スパーダではないベーシックなステップワゴンのエクステリアは、従来通りとなっている。

一番の目玉は、ステップワゴン スパーダ限定ながら、ハイブリッドモデルが追加設定されたことである。この「ステップワゴン スパーダ ハイブリッド」は、「オデッセイ」と共通のハイブリッドシステム「スポーツハイブリッドi-MMD」を搭載。2リッター直4エンジン(最高出力145ps、最大トルク175Nm)とモーター(最高出力184ps、最大トルク315Nm)を組み合わせ、システム最高出力215psを発生する。駆動方式はFFのみで、燃費値はJC08モードで25.0km/リッター、WLTCモードでは20.0km/リッターと公表される。

ハイブリッドモデルには、2列目のキャプテンシートをベンチシートに変更するオプションが用意されず、7人乗り仕様限定となる。室内高はガソリン車に比べて20mm低くなるものの、IPU(インテリジェントパワーユニット)を前席の下におさめることで、クラストップの室内空間を確保したとアピールされる。なお荷室の容量は、ガソリン車と変わらない。サスペンションはハイブリッド専用のもので、最上級グレード「ハイブリッドG・EX Honda SENSING」には、乗り心地と操縦安定性を高次元でバランスさせたというパフォーマンスダンパーが装着される。

また今回は、ステップワゴン、ステップワゴン スパーダともに、安全運転支援システム「ホンダセンシング」の機能を充実。新たに歩行者事故低減ステアリング機能を追加した上で、全車標準装備とした。このうちハイブリッドモデルには、渋滞追従機能付きのアダプティブクルーズコントロール(ACC)も搭載される。

ラインナップと価格は、以下の通り。

  • ステップワゴンB・Honda SENSING(FF車):245万5920円
  • ステップワゴンB・Honda SENSING(4WD車):271万5120円
  • ステップワゴンG・Honda SENSING(FF車):266万1120円
  • ステップワゴンG・Honda SENSING(4WD車):289万8720円
  • ステップワゴンG・EX Honda SENSING(FF車):286万2000円
  • ステップワゴンG・EX Honda SENSING(4WD車):307万8000円
  • ステップワゴン スパーダ Honda SENSING(FF車):285万2280円
  • ステップワゴン スパーダ Honda SENSING(4WD車):308万9880円
  • ステップワゴン スパーダ クールスピリット Honda SENSING(FF車):305万1000円
  • ステップワゴン スパーダ クールスピリット Honda SENSING(4WD車):324万5400円
  • ステップワゴン スパーダ ハイブリッドB・Honda SENSING(FF車):330万0480円
  • ステップワゴン スパーダ ハイブリッドG・Honda SENSING(FF車):335万0160円
  • ステップワゴン スパーダ ハイブリッドG・EX Honda SENSING(FF車):355万9680円
  • ステップワゴン モデューロX Honda SENSING(FF車):366万5000円

(webCG)

関連キーワード:
ステップワゴンステップワゴンスパーダホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・ステップワゴン スパーダ ハイブリッドG・EX Honda SENSING(FF)【試乗記】 2017.12.14 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、待望のハイブリッドモデルが登場。販売面でライバル車の後塵(こうじん)を拝してきた近況を打破する、起爆剤となれるのか。その出来栄えを確かめた。
  • ホンダ・ステップワゴン スパーダ ハイブリッドG・EX Honda SENSING(FF)【試乗記】 2017.10.25 試乗記 ホンダのミドルクラス箱型ミニバン「ステップワゴン」に、いよいよハイブリッドモデルが登場。「アコード」や「オデッセイ」ゆずりのパワープラントが搭載された新グレードは、高級ミニバンに比肩する快適さと力強さを備えていた。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)【試乗記】 2018.1.5 試乗記 この秋「スバルBRZ」の最上級グレードとしてラインナップに加わった「STI Sport」。その名のとおりSTIの技術が注がれたこのフラッグシップモデルの走りは、一段とBRZらしい、ピュアでストレートな魅力に満ちたものだった。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
ホームへ戻る