普及が進む車載アイテム
ドライブレコーダーってどんなもの?

2017.09.29 デイリーコラム

元は商用の記録装置

自動車用品の世界では、たびたびヒット商品が登場する。カーナビやレーダー探知機、ケミカル製品でも、過去にヒット作は数多く生まれてきた。量販店はもちろん、ユーザーはこういった“金の鉱脈”に敏感である。その中で昨今勢いの見られる商品が、ドライブレコーダー、略して「ドラレコ」である。

そもそもドラレコはタクシーやバス、物流トラックなど商用車での利用がメインだった。運行時の速度変化などを記録するタコグラフなどは以前からあったが、ドラレコは事故などが起きた際に、映像で客観的に状況を把握するために用いられてきたのだ。これを一般用に展開した製品が現れ、それが昨今のドラレコブームの始まりとなった。

実際、5~6年前に比べると出荷台数では約10倍になり、価格はピンキリで5000円未満で買える海外製のものから6万円以上まで幅広く流通している。平均売価は日々変化するが、おおむね2万円前後の商品が人気である。

読んで字のごとく、ドラレコは走行状況を専用のカメラで記録する商品だ。音声を記録できるモデルも多い。基本、フロントウィンドウの内側に取り付けるものだが、保安基準により、クルマの中心線から左右250mm以内、縦方向ではウィンドウの上端から30%以内の位置に取り付けなければならない。要は前方視界を妨げてはいけない、ということだ。

構造としてはフロントウィンドウ内側に貼り付けるだけのカメラ・本体一体型と、カメラ部分のみ貼り付け本体はセンターコンソールなどに設置する本体分離型の2種類に大別される。ミニバンなどウィンドウ面積の大きいクルマならば一体型で問題ないが、スポーツカーなどフロントウィンドウの縦方向の寸法が短い車両などでは分離型、あるいはいくつかの機能を省いたコンパクト型を選ぶのが良い。

ドライブレコーダーの一例。フロントウィンドウの内側に装着されたカメラ(写真中央)が、車体前方の光景を記録する。
ドライブレコーダーの一例。フロントウィンドウの内側に装着されたカメラ(写真中央)が、車体前方の光景を記録する。拡大
車内から見たドライブレコーダー。この例では、ルームミラーの左側にカメラが取り付けられている。
車内から見たドライブレコーダー。この例では、ルームミラーの左側にカメラが取り付けられている。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事