第446回:日本が誇る名車の走りを助手席で体験!
トヨタ2000GT生誕50周年祭をリポート

2017.09.30 エディターから一言
東京・台場のメガウェブで開催された「トヨタ2000GT生誕50周年祭」の様子。
東京・台場のメガウェブで開催された「トヨタ2000GT生誕50周年祭」の様子。

クルマ好きなら誰もが知る日本の名車「トヨタ2000GT」が発売されたのは、1967年5月のこと。あれから50年の節目を迎えた今年の9月24日、オーナーたちによる記念イベントが東京・台場のメガウェブで開催された。さまざまな催しが行われたイベントの様子をリポートする。

会場にずらりと並んだ「トヨタ2000GT」。定番の白のほかにも、赤やグリーン、シルバーの個体の姿も。
会場にずらりと並んだ「トヨタ2000GT」。定番の白のほかにも、赤やグリーン、シルバーの個体の姿も。
同乗試乗で筆者がお世話になった瀬谷孝夫さんと、瀬谷さんの「トヨタ2000GT」。
同乗試乗で筆者がお世話になった瀬谷孝夫さんと、瀬谷さんの「トヨタ2000GT」。
同乗試乗は、メガウェブ内に設けられた1.3kmの試乗コースを使って行われた。
同乗試乗は、メガウェブ内に設けられた1.3kmの試乗コースを使って行われた。

日本を代表する名車がお台場に集合

「トヨタ2000GT生誕50周年祭」と銘打たれた今回のイベントを主催したのは、トヨタ2000GTオーナーズクラブ・ジャパン。結成は1981年のことで、現在のクラブ員は約80人だという。今回、会場に集結したのは、そのクラブ員の愛車を中心とした20台弱。総生産台数はたった337台だから、その数は全体の5%にも上る計算で、まさにシーラカンスの大群と遭遇した気分であった。しかもこのイベントでは、貴重な2000GTをじっくり見られるだけでなく、オーナーたちが来場者向けに同乗試乗まで行うというから驚き。取材陣もオーナーズクラブのご厚意により、イベント開催前に同乗試乗をさせてもらった。

私が助手席でお世話になった車両は、オーナーズクラブの会長兼同イベントの実行委員長である、瀬谷孝夫さんの愛車だ。瀬谷さんによると、このクルマは後期型の市販1号車だそうだ。瀬谷さんは若き日に発売された2000GTに衝撃を覚え、憧れたひとり。ようやく手に入れた同車にずっと乗り続けており、既に33年を共に過ごしてきたという。見たところ内外装はかなり状態の良いものだったが、瀬谷さんいわく、入手した後にコツコツと手を入れて、現在の状態にまで仕上げたとのことだった。

あなたにおすすめの記事
新着記事