【スペック】G:全長×全幅×全高=3395×1475×1610mm/ホイールベース=2550mm/車重=1110kg/駆動方式=MR/モーター+リチウムイオンバッテリー(モーター:64ps/3000-6000rpm、18.4kgm/0-2000rpm、バッテリー330V/16.0kWh)/航続距離180km(JC08モード)/価格=380万円(テスト車=387万3500円/2トーン塗装=7万3500円)

三菱i-MiEV G(MR/1AT)/M(MR/1AT)【試乗記】

120万円レスの衝撃 2011.09.07 試乗記 三菱i-MiEV G(MR/1AT)/M(MR/1AT)
……387万3500円/283万1100円

マイナーチェンジを受け、ラインナップが拡充した「三菱i-MiEV」。電池容量が異なる「G」と「M」を、箱根で乗り比べた。

ミツビシの新しい顔

今やミツビシといえば、「i-MiEV」である。ひと昔前までは「ランエボ」だったかもしれない。大昔は、ミツビシといったら即答「パジェロ!」だった。それが現在は排ガス・ゼロのEVだ。CO2削減に関する限り、ミツビシは文句なしの優等生だろう。

2009年7月の販売開始から、日本では4000台が売れた。アメリカはこれからだが、プジョーとシトロエンにOEM供給もしているヨーロッパではすでに8000台が売れたという。ノルウェーでは、「トヨタ・アイゴ」を押さえて、今年上半期のAセグメント・ベストセラーに輝いたそうだ。

そんなi-MiEVにさらなる改良が加えられた。リチウムイオン電池の容量は変えず、エネルギー回生の制御を見直すなどして、これまでより約2割航続距離を伸ばした。JC08モードで180km。200kmの「日産リーフ」に少しでも追いついておこうという作戦だ。従来のi-MiEVは10・15モードで160kmだった。

その一方、容量の少ない電池を採用し、装備を簡略化したエントリーモデルも出した。航続距離は120km(JC08モード)になるが、価格は180km版の「G」(380万円)より大幅プライスダウンの260万円。補助金を充当すると、188万円で買える。Gに対して、こちらは「M」というグレードで、新型i-MiEVはこの2本立てになる。EVにも廉価モデルが登場するとは、EVがまた一歩浸透したことを実感させる。

最初に乗ったのは上級モデルのGである。

「G」は、これまでオプションだったSSDタイプのカーナビや本革巻きステアリングホイール&シフトレバー、前席シートヒーターが標準装備となった。
「G」は、これまでオプションだったSSDタイプのカーナビや本革巻きステアリングホイール&シフトレバー、前席シートヒーターが標準装備となった。
「G」の標準内装。黒基調のシート表皮を採用する。
「G」の標準内装。黒基調のシート表皮を採用する。
こちらは「G」にオプション設定される「プレミアムインテリアパッケージ」(4万2000円)。シート生地やインストゥルメントパネルがダークブラウンとなるほか、光輝シルバーのインナードアハンドルやエアアウトレットリング、マットブラック・シルバーフレームのセンターパネルなどが装着される。
こちらは「G」にオプション設定される「プレミアムインテリアパッケージ」(4万2000円)。シート生地やインストゥルメントパネルがダークブラウンとなるほか、光輝シルバーのインナードアハンドルやエアアウトレットリング、マットブラック・シルバーフレームのセンターパネルなどが装着される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

i-MiEVの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る