ジャガー、「Fタイプ」の2018年モデルを発表

2017.09.29 自動車ニュース
「ジャガーFタイプ クーペ」(2018年モデル)
「ジャガーFタイプ クーペ」(2018年モデル)

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年9月29日、「ジャガーFタイプ」の2018年モデルを発表した。同年9月30日に受注を開始する。

「Fタイプ400スポーツ」
「Fタイプ400スポーツ」
「ジャガーFタイプ400スポーツ」のコックピットまわり。
「ジャガーFタイプ400スポーツ」のコックピットまわり。

2リッター直4ターボ搭載車や限定グレードが登場

2018年モデルでは、LEDヘッドランプとフロントバンパーを新デザインとしたほか、軽量マグネシウムフレームを使用した新開発のパフォーマンスシートを採用し、足元スペースの充実と8kg以上の軽量化を行った。

また、ベーシックグレードと「Rダイナミック」に2リッター直4ターボ「インジニウム」ガソリンエンジン(300ps/400Nm)搭載モデルを設定するなど、ラインナップの拡充を図った。

さらに、コネクティビティー機能も強化されており、インフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」を全車に標準装備した。アクションカメラメーカーのGoPro社と共同開発した「ReRun」アプリに対応しており、GoProのカメラで撮影した走行映像と車両の走行データを記録可能で、そのデータをスマートフォンに送り、ソーシャルメディアなどで共有することもできる。

価格はクーペがベーシックグレード(2リッター直4インジニウムガソリンエンジン)の794万円から、「SVRクーペ」の1787万円まで。コンバーチブルが同じくベーシックグレード(2リッター直4インジニウムガソリンエンジン)の959万円から、「SVRコンバーチブル」の1952万円まで。

なお今回、2018年モデル限定グレードとなる「400スポーツ」が新たに設定された。通常340psと380psの3リッターV6スーパーチャージドガソリンエンジンの出力を400psに強化して搭載。20インチダークサテングレイアロイホイールやダークサテングレイのスポーツデザインパック、400スポーツパフォーマンスシートなどを装備する。トランスミッションは8段ATのみで、価格はクーペが1291万円(FR)と1362万円(4WD)、コンバーチブルが1456万円(FR)と1527万円(4WD)。

(webCG)

関連キーワード:
Fタイプ クーペFタイプ コンバーチブルジャガー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーFタイプR-DYNAMICクーペ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.9.11 試乗記 ジャガーの2ドアクーペ/コンバーチブル「Fタイプ」に、2リッター直4ターボエンジンを搭載した新モデルが登場。ジャガー・ランドローバーの未来を担う新エンジンの出来栄えと、新しい心臓を得たFタイプの走りを、ノルウェーから報告する。
  • 谷口信輝の新車試乗――ジャガーFタイプSVRクーペ(前編) 2017.11.30 mobileCG レーシングドライバーの谷口信輝が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回の主役は「ジャガーFタイプSVRクーペ」である。名門ブランドならではの強い個性と575psものパワーを併せ持つスーパースポーツカーに、谷口が果敢に挑戦する!
  • ジャガー、「Fタイプ」の2018年モデルを発表 2017.9.29 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年9月29日、「ジャガーFタイプ」の2018年モデルを発表した。同年9月30日より受注を開始する。エクステリアデザインの変更や機能装備の強化、ラインナップの拡充などが行われた。
  • 第2回:飛ばせばいいってもんじゃない
    「ジャガーFタイプ」の街乗り性能を試す
    2017.2.23 「ジャガーFタイプ」の魅力を知る ジャガーのピュアスポーツカー「Fタイプ」。その動力性能が最大限に発揮される舞台は、ワインディングロードであり、サーキットだろう。では、ごく普通の道でのふるまいはどうか? 普段使いにおける走りの印象を報告する。
  • 「日産スカイライン」が新デザインになって登場 2017.12.20 自動車ニュース 日産が「スカイライン」をマイナーチェンジ。新デザインのグリルやバンパーを採用するなどしてフロントまわりの意匠を変えたほか、インテリアではステアリングホイールやシフトセレクター、メーターなどの意匠を変更している。
ホームへ戻る