せっかくの自動運転も宝の持ち腐れ?
webCGほったが“昔ながら”のHMIに物申す

2017.10.02 デイリーコラム

急速に進化する自動運転技術の陰で……

自動車媒体のぺーぺー編集という仕事柄、新型車に乗る機会はとにかく多いし、まだ市場に出回っていない最新技術に触れることも珍しくない。誠に僥倖(ぎょうこう)であり、ありがたい職業である。なむなむ。

で、そんな時代のフロンティア(?)から自動車界を眺めてみると、まあとにかく進化の速いこと。特にここのところは、自動運転とそれに順ずる運転支援技術の発展が著しい。「こんなことができるようになりましたよ」というタテ方向と、「こんなクルマにも付くようになりましたよ」というヨコ方向の両方において、急速な伸長を実感する毎日である。

過日も「アイサイト・ツーリングアシスト」が付いた「スバル・レヴォーグ」で「こんなクルマに公道で乗れるようになったのか!」と感嘆し、はたまた「ホンダN-BOX」で「軽自動車にもACCが付くようになるなんて」と感慨にふけったもんである。……まあ、軽のACCについては、かつて「ダイハツ・ムーヴ」にオプション設定されたこともあるんですけどね。

近い未来に目を向けても、鈴木ケンイチさんのコラムで紹介されている通り、アウディが新型「A8」で「レベル3」の自動運転技術を市場投入するというし、ホンダも2020年をめどに、同じくレベル3のシステムを実用化すると表明している。いやはや。自動緊急ブレーキの普及で喜んでいたあのころからわずか数年。時代は進んだものよ……。

しかし、かように急速な自動運転&運転支援技術の進化の陰で、ちょっと置き去りにされている要素がある。運転環境の改善はもちろん、自動運転の具体化にも密接に関わるもののハズなのに、正直なところ「忘れられてません?」というくらい変化の見られないそれの名は、ずばりHMI。ヒューマン・マシン・インターフェイスである。

平日の首都高速道路で行われた、「アイサイト・ツーリングアシスト」試乗会の様子。この価格帯のクルマに、ここまでのシステムが搭載されるとは……。
平日の首都高速道路で行われた、「アイサイト・ツーリングアシスト」試乗会の様子。この価格帯のクルマに、ここまでのシステムが搭載されるとは……。
あなたにおすすめの記事
新着記事