「トヨタ・ヴィッツ」の特別仕様車“セーフティーエディション”発売

2017.10.02 自動車ニュース
「トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドF“セーフティーエディション”」
「トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドF“セーフティーエディション”」

トヨタ自動車は2017年10月2日、コンパクトカー「ヴィッツ」の特別仕様車「ヴィッツF“Safety Edition(セーフティーエディション)”」を発表。同日、販売を開始した。

「ヴィッツ ハイブリッドF“セーフティーエディション”」
「ヴィッツ ハイブリッドF“セーフティーエディション”」

今回のF“セーフティーエディション”は、ヴィッツの「ハイブリッドF」および「F」をベースに、安全性に配慮しながらドレスアップを施したという特別仕様車。

衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」が標準装備されるほか、メッキ加飾を施したアウトサイドドアハンドルおよびインサイドドアハンドル、ブルーブラック&ブラックの専用ファブリックシートが装着される。さらに、スマートエントリー&スタートシステムとイルミネーテッドエントリーシステムも備わる。

価格は以下の通り。ボディーカラーは、「ジュエラ」専用色のダークブルーマイカ、ボルドーマイカメタリックを含む全6色が用意される。

  • F“セーフティーエディション”(1リッター/FF車):138万4560円
  • F“セーフティーエディション”(1.3リッター/FF車):154万1160円
  • F“セーフティーエディション”(1.3リッター/4WD車):164万9160円
  • ハイブリッドF“セーフティーエディション”(ハイブリッド/FF車):187万9200円

(webCG)

関連キーワード:
ヴィッツトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヴィッツGRスポーツ“GR”(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.18 試乗記 見た目の印象だけでなく、これが「ヴィッツ」かと思えるほど、走りも別モノになっている! トヨタが新たに立ち上げたスポーツブランドの一翼を担う、コンパクトカー「ヴィッツGRスポーツ“GR”」の実力を報告する。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • トヨタ・アルファード ハイブリッド/ヴェルファイア【試乗記】 2018.2.6 試乗記 マイナーチェンジが施された、トヨタの高級ミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」に試乗。デザインのみならず、エンジンやシャシーにまで手が加えられたその仕上がりは、圧倒的な商品力のさらなる強化を実感させるものだった。
  • スズキ・クロスビー ハイブリッドMZ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.1.25 試乗記 スズキの新型車「クロスビー」がデビュー。ワゴンとSUVのクロスオーバーとうたわれるニューモデルとはいえ、第一印象はどう見てもデカい「ハスラー」だが……。試乗を通じて見えてきた“兄貴”ならではの魅力を報告する。
ホームへ戻る