「プジョー3008」に充実装備の特別仕様車が登場

2017.10.03 自動車ニュース
「プジョー3008 BlueHDiスペシャルエディション」
「プジョー3008 BlueHDiスペシャルエディション」拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2017年10月2日、プジョーのミドルサイズSUV「3008」に特別仕様車「BlueHDiスペシャルエディション」を設定し、販売を開始した。

 
「プジョー3008」に充実装備の特別仕様車が登場の画像拡大
 
「プジョー3008」に充実装備の特別仕様車が登場の画像拡大
 
「プジョー3008」に充実装備の特別仕様車が登場の画像拡大
 
「プジョー3008」に充実装備の特別仕様車が登場の画像拡大

今回のBlueHDiスペシャルエディションは、ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のパワープラントや機能装備と、落ち着いた意匠を特徴とする「アリュール」の内外装を組み合わせたものである。

通常では、3008のディーゼルモデルにはスポーティーな意匠の「GT」しか設定されておらず、現状でこの組み合わせが選べるのは今回の特別仕様車のみとなっている。また、トルクフルで経済的なディーゼルエンジンや、走行モード切り替え機構の「アドバンスドグリップコントロール」、アクティブクルーズコントロール、ハンズフリー電動テールゲートなどといった充実装備を、最も低価格で手に入れられる点も同車の魅力となっている。

なお、内外装は基本的にアリュールに準じているものの、アドバンスドグリップコントロールを装着したセンターコンソールや、マッド&スノー仕様のタイヤ、5スポークのホイールなどはGT系のモデルと同様となっている。また、新たに設定されたボディーカラー「パイライトベージュ」も、同車の特徴として挙げられる。

価格は422万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
3008プジョー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • ランドローバー・ディスカバリー スポーツHSE(4WD/9AT)【試乗記】 2018.4.26 試乗記 新世代の2リッター直4ガソリンターボエンジンを搭載した、「ディスカバリー スポーツ」に試乗。デビューから3年半を経たプレミアムコンパクトSUVは、ほかのランドローバー車にも通じる実力の高さを感じさせてくれた。
  • プジョー5008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.11.2 試乗記 3列7人乗りシートを備えた、プジョーの新型SUV「5008」がいよいよデビュー。京都・知恩院から東京まで約500kmのドライブを経て見えてきた、同門のコンパクト版「3008」にはない、同車ならではの魅力とは?
ホームへ戻る