第8回:WRC――グループBの挑発
ひたすら速さを求め続けた狂乱の時代

2017.10.05 自動車ヒストリー 「アウディ・クワトロ」に「プジョー205ターボ16」、そして「ランチア・デルタS4」と、あまたのモンスターマシンが覇を競った“グループB”時代の世界ラリー選手権。悲劇とともに突然の終わりを迎えた狂乱の時代を、数々の名車とともに振り返る。

勝利のために開発された「ランチア・ストラトス」

ラリーの起源をたどると、1911年のモンテカルロに行き着く。パリ、ベルリンなどから計23台の自動車がモナコを目指して走り、5日間かけてゴールした。Rallyという言葉はre(再び)ally(集まる)という意味を持っている。当時は競技というよりも、社交イベント的な要素が強かったのだ。

やがて競技色を強めたラリーが開催されるようになり、世界各地で独自に発展していく。これらを1973年に世界選手権として組織化したものが、今日に続く世界ラリー選手権(WRC)である。国際自動車連盟(FIA)が主催し、初年度は1月のモンテカルロから始まって全13戦で競われた。初のチャンピオンとなったのは、「アルピーヌ・ルノーA110」である。当初はマニュファクチャラー(登録された製造メーカー)のタイトルだけで争われていたのだ。ドライバーズタイトルがかけられるようになったのは、1979年からである。

クラス分けはグループ1<量産ツーリングカー>、グループ2<特殊ツーリングカー>、グループ3<量産グランドツーリングカー>、グループ4<特殊グランドツーリングカー>となっていた。最高位のグループ4は、グループ3の改造クラスという位置づけである。量産車を戦闘力のあるマシンに作り変えるわけだが、逆の発想から生まれたのが「ランチア・ストラトス」だった。

グループ3は連続する12カ月に5000台以上を生産することが条件だが、グループ4のホモロゲーション規定は、連続する12カ月に400台を生産すればいい。ランチアは最初からWRCの勝利を目的に特殊なマシンを開発し、少量生産で規定をクリアしたのだ。「フェラーリ・ディーノ」のV6エンジンをミドに横置きし、極端に短いホイールベースで回頭性を確保する。ランチア・ストラトスは圧倒的な速さを見せ、1974年からマニュファクチャラーズタイトル3連勝を果たす。

1935年のモンテカルロラリーに参戦したルノーの高性能スポーツカー「ネルヴァスポール」。当初は社交イベント色の強かったラリーも、次第に競技色が強まっていった。
1935年のモンテカルロラリーに参戦したルノーの高性能スポーツカー「ネルヴァスポール」。当初は社交イベント色の強かったラリーも、次第に競技色が強まっていった。拡大
1973年のモンテカルロラリーの様子。この年はRRのスポーツカー「A110」を投入したアルピーヌ・ルノーが世界ラリー選手権初のマニュファクチャラーズタイトルを獲得した。
1973年のモンテカルロラリーの様子。この年はRRのスポーツカー「A110」を投入したアルピーヌ・ルノーが世界ラリー選手権初のマニュファクチャラーズタイトルを獲得した。拡大
市販車をラリー向けに改造するのではなく、ラリーへの投入を念頭に置いて車両を開発するという、従来とは逆の発想から誕生した「ランチア・ストラトス」。極端に短いホイールベースとMRの駆動レイアウトにより、優れた機動性を発揮した。
市販車をラリー向けに改造するのではなく、ラリーへの投入を念頭に置いて車両を開発するという、従来とは逆の発想から誕生した「ランチア・ストラトス」。極端に短いホイールベースとMRの駆動レイアウトにより、優れた機動性を発揮した。拡大
1974年からマニュファクチャラーズタイトルを3連覇したランチア。その後はフィアットが連覇を果たすなど、しばらくはイタリア勢がWRCをけん引する時代が続いた。
1974年からマニュファクチャラーズタイトルを3連覇したランチア。その後はフィアットが連覇を果たすなど、しばらくはイタリア勢がWRCをけん引する時代が続いた。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事