第522回:クルマのプロも魅了される
イタリアの自転車走行会「エロイカ」リポート

2017.10.06 マッキナ あらモーダ!

愛車と一緒に ウエアもキメて

ボクが住むイタリア中部シエナは、毎夏3万人の人々に見守られながら開催される競馬「パリオ」で広く知られている。

近年はもうひとつ、ヨーロッパやアメリカの人々がシエナと聞いて思い出すイベントがある。レトロ自転車の走行会「エロイカ」だ。

このイベントについて記すのは、本エッセイ第319回以来である。21回目を迎えた今回は、2017年10月1日に開催された。

参加台数は例年どおり5000台。車検通過が可能な車両は2種類だ。ひとつは「古典車」である。1987年までに生産されたロードバイクで、「19世紀末や20世紀初頭に製造されたものも含む」と記されている。

フレームは鋼製でなければならないが、一部ブランドに限ってはアルミニウムやカーボン製も認められている。

さらに「シフトレバーはハンドルではなくフレームに付けられたタイプでなければならない」「ブレーキのリンケージはハンドル内ではなく、外に露出したタイプであること」「タイヤの幅は20mm以下」など、全8項目の規則が定められている。

もうひとつのカテゴリーは「ヴィンテージ・スタイル」である。近年製造されたものでもエントリー可能だが、古典車に見られる8項目のうち、少なくとも3つのスペックを備えていなければならない。

さらに、「46km」から「209km」まで5つあるコースのうち、最短の46kmには、古典車時代のものであれば、郵便配達車をはじめとするロードバイク以外の車両も出走オーケーだ。なおマウンテンバイクは、すべての年代にわたり禁止である。

ウエアも「時代を感じさせるもの」が求められている。ただし安全上、ヘルメットだけは現代のものを使用することが推奨されている。

費用は参加できる関連アトラクション数により異なってくるが、基本は68ユーロ(約9000円)で、記念品、ゼッケン、チェックポイント通過証明スタンプ用のロードブック、地図、コース途中で供される食事、パスタ・パーティー、そしてイベント終了後のシャワーが含まれている。

2017年10月1日にトスカーナ州シエナ県で催されたヴィンテージ自転車走行会「エロイカ」にて。
2017年10月1日にトスカーナ州シエナ県で催されたヴィンテージ自転車走行会「エロイカ」にて。
英国の警察官風ないでたちで臨んだ、ヴィンテージ・スタイル部門の参加者。
英国の警察官風ないでたちで臨んだ、ヴィンテージ・スタイル部門の参加者。
途中で押して歩くもよし。ゴールは夜10時まで開いている。イベントの目標は完走だ。
途中で押して歩くもよし。ゴールは夜10時まで開いている。イベントの目標は完走だ。
プレスカーもレトロな風情を盛り上げる。こちらは「フィアット・トポリーノC」を使用。
プレスカーもレトロな風情を盛り上げる。こちらは「フィアット・トポリーノC」を使用。
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事