トヨタ・ヴィッツのアイドリングストップ車拡大

2011.09.06 自動車ニュース

「トヨタ・ヴィッツ」のアイドリングストップ車拡大

トヨタ自動車は、コンパクトカー「ヴィッツ」のグレード体系を見直し、アイドリングストップ機能の搭載車種を拡大した。

これまでベーシックグレード「F」にのみ設定されていたアイドリングストップ機能付きモデル「SMART STOPパッケージ」が、上級グレードの「U」や女性向けグレード「Jewela」の1.3リッターFF車でも選べるようになった。
10・15モードの燃費は、いずれも26.5km/リッター。

価格は、「U SMART STOPパッケージ」が156万円で、「Jewela SMART STOPパッケージ」が142万円。

(webCG 関)

「トヨタ・ヴィッツ U SMART STOPパッケージ」
「トヨタ・ヴィッツ U SMART STOPパッケージ」 拡大

関連キーワード:
ヴィッツトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヴィッツGRスポーツ“GR”(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.18 試乗記 見た目の印象だけでなく、これが「ヴィッツ」かと思えるほど、走りも別モノになっている! トヨタが新たに立ち上げたスポーツブランドの一翼を担う、コンパクトカー「ヴィッツGRスポーツ“GR”」の実力を報告する。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター(4WD/7AT)【試乗記】 2018.7.9 試乗記 「ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター」に試乗した。全長4.8m級のボディーに最高出力740psの6.5リッターV12エンジンを搭載。それでいながら乗車定員2人という“浮世離れ”したモンスターマシンは、どのような世界を見せてくれるのだろうか――。
  • スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ【開発者インタビュー】 2018.7.5 試乗記 実に20年ぶりのフルモデルチェンジによって登場した、4代目となる新型「ジムニー」と新型「ジムニーシエラ」。ラダーフレーム、副変速機、パートタイム4WDという“伝統”をつらぬいた新型に込めた思いを、チーフエンジニアが語った。
  • トヨタ・クラウン【開発者インタビュー】 2018.7.2 試乗記 ユーザーの若返りを最重要課題に掲げて全面的に刷新された、トヨタの高級セダン「クラウン」。その開発に込めた思いを、チーフエンジニアの秋山 晃さんと、デザインを取りまとめた國重 健さんに語ってもらった。
ホームへ戻る