「ダイハツ・ブーン」をスポーティーにメイクアップ

2017.10.03 自動車ニュース
「ダイハツ・ブーン シルク」(「ブラックストライプパッケージ」装着車)
「ダイハツ・ブーン シルク」(「ブラックストライプパッケージ」装着車)拡大

ダイハツ工業は2017年10月3日、小型乗用車「ブーン」の上級グレード「シルク」にアクセサリーパーツのパッケージ商品である「SPORZA(スポルザ)リミテッドパッケージ」を設定し、販売を開始した。

 
「ダイハツ・ブーン」をスポーティーにメイクアップの画像拡大
「ブーン シルク」(「レッドストライプパッケージ」装着車)
「ブーン シルク」(「レッドストライプパッケージ」装着車)拡大
 
「ダイハツ・ブーン」をスポーティーにメイクアップの画像拡大

今回のスポルザリミテッドパッケージは、車両にスポーティーな印象をもたらすエクステリアパーツやエアロパーツ、ストライプ柄のステッカーなど計13点をひとつのパッケージとしたもの。「ブラック」のボディーカラーに推奨される「ブラックストライプパッケージ」と、「マゼンタベリー」のボディーカラーに推奨される「レッドストライプパッケージ」が用意される。

ダイハツは2017年1月の自動車イベント「東京オートサロン」に、「シャレード デトマソ」や「ミラTR-XX」といった往年のホットハッチの要素を盛り込んだコンセプトカー「SPORZA」シリーズを出展していた。

スポルザ リミテッドパッケージの内容は以下の通り。

【ブラックストライプパッケージ】

  • フロントグリル(ブラック)
  • フォグランプカバー(マゼンタ)
  • ドアミラーカバー(ブラック)
  • ドアアウターハンドル(ブラック)
  • リアクオーターガーニッシュ(マゼンタ)
  • バックドアガーニッシュ(ブラック)
  • リアリフレクターカバー(マゼンタ)
  • フロントロアスカート(ブラック)
  • サイドストーンガード(ブラック)
  • リアロアスカート(ブラック)
  • フードストライプ(ブラック)
  • ルーフストライプ(ブラック)
  • サイドストライプ(ブラック)

【レッドストライプパッケージ】

  • フロントグリル(レッド)
  • フォグランプカバー(レッド)
  • ドアミラーカバー(レッド)
  • ドアアウターハンドル(レッド)
  • リアクオーターガーニッシュ(ブラック)
  • バックドアガーニッシュ(レッド)
  • リアリフレクターカバー(レッド)
  • フロントロアスカート(ブラック)
  • サイドストーンガード(ブラック)
  • リアロアスカート(ブラック)
  • フードストライプ(レッド)
  • ルーフストライプ(レッド)
  • サイドストライプ(レッド)

価格はオープン。

(webCG)

関連キーワード:
ブーンダイハツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ブーン シルク“Gパッケージ SA II”/トヨタ・パッソX“Gパッケージ”【試乗記】 2016.5.11 試乗記 「ダイハツ・ブーン/トヨタ・パッソ」が3代目にモデルチェンジ。2社による共同開発をやめ、ダイハツが企画、開発、生産を担う新体制のもとに誕生した新型の実力はいかに? その出来栄えを試すとともに、これからのトヨタとダイハツのあるべき関係を考えた。
  • トヨタ・パッソ モーダ“Gパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2016.6.9 試乗記 軽よりも少し大きな小型車「ダイハツ・ブーン/トヨタ・パッソ」がフルモデルチェンジ。トヨタ版の上級モデルである「パッソ モーダ」を借り出して、“生活の足”としてのクルマのあり方を考えた。
  • ダイハツ・ブーンX“SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.5.30 試乗記 軽自動車で培われたノウハウをどのように生かしているのか? トヨタとの共同開発をやめ、ダイハツ一社が企画から生産までを担って誕生した3代目「ダイハツ・ブーン」。ベーシックな「X“SA II”」グレードを借り出し、その実力を確かめた。
  • トヨタ・パッソ/ダイハツ・ブーン(FF/CVT)【試乗速報】 2010.3.3 試乗記 トヨタ・パッソ 1.0+Hana(FF/CVT)/パッソ1.3G(FF/CVT)/ダイハツ・ブーンCL“リミテッド”(FF/CVT)
    ……169万2950円/163万3700円/131万8000円

    トヨタとダイハツの共同開発車「パッソ」と「ブーン」がフルモデルチェンジ。新たにオシャレバージョンも加わったニューモデルを、スーザン史子がリポートする。
  • 何でいまさらカムバック?
    最新SUVに見るホンダとトヨタの販売戦略
    2018.8.17 デイリーコラム 一度は日本市場から姿を消したSUV、「ホンダCR-V」と「トヨタRAV4」が相次いで“復活”する。なぜ、このタイミングでのカムバックとなったのか? 発売を前にその背景について考察する。
ホームへ戻る