モンスタースポーツが「スイフトスポーツ」のコンプリートカーを発売

2017.10.04 自動車ニュース

タジマモーターコーポレーションのモータースポーツ部門であるモンスタースポーツは2017年10月1日、新型「スズキ・スイフトスポーツ」(ZC33S)をベースとしたコンプリートカーの受注を開始した。

“モンスター田嶋”がプロジェクトを指揮

モンスタースポーツは、ラリーやヒルクライムなど、世界各地のさまざまなモータースポーツにスズキの車両で参戦しており、そこで培ってきたノウハウを生かしてスイフトスポーツの性能を高めるための開発を進めているという。

今回、プロジェクトの指揮を執るのは、“モンスター田嶋”こと田嶋伸博氏。パイクスピーク国際ヒルクライムで10回の優勝を数え、アジアパシフィックラリー選手権や全日本ダートトライアル選手権などでも活躍してきた。同じく全日本ラリー選手権や全日本ダートトライアル選手権で活躍してきた粟津原 豊氏を中心に、かつてジュニア世界ラリー選手権(JWRC)に投入された競技車両「スイフト・スーパー1600」を造り上げたスタッフが開発の現場を担う。

販売は全国7店舗(オープン予定を含む)のモンスターモータースポーツプロショップで行われる。

価格は以下の通り。
ストリート/スポーツ Version 1:199万9000 円
ストリート/スポーツ Version 2:225万5000 円
ストリート/スポーツ Version 3:295万8000 円
ジムカーナA(PN3):230万6000 円
ダートトライアルA(PN2):256万1000 円
ラリーA(JN4):365万7000 円

(webCG)

モンスタースポーツが手がけた「スズキ・スイフトスポーツ」のコンプリートカー。
モンスタースポーツが手がけた「スズキ・スイフトスポーツ」のコンプリートカー。拡大

関連キーワード:
スイフトスポーツスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.6 試乗記 スズキのコンパクトスポーツモデル「スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、パワフルでトルキーな1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新型の走りやいかに? その実力をリポートする。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)【試乗記】 2017.11.8 試乗記 日本を代表するコンパクトスポーツ「スズキ・スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。動力性能も操縦性も乗り心地も、全方位的に進化を遂げた新型だが、2日間にわたる試乗体験ではいまひとつ留飲が下がらなかった。その理由とは?
  • 第82回:無段変速車ボクメツ宣言 2018.3.20 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第82回は「無段変速車ボクメツ宣言」。日本の国民車がダサイのにはワケがあった!? 「スイフトスポーツ」を国民車に! と熱望する筆者が、CVT車ばかりの日本のベストセラーモデルに異議を唱える。
  • 第81回:愚の骨頂 2018.3.13 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第81回は「愚の骨頂」。「スイフトスポーツ」を国民車に! と意気込む筆者だったが、そこには大きな壁が。MTが約7割を占めるカーマニア向けモデルが国民車の地位を獲得することは、可能なのか!?  
  • スズキ・スイフトスポーツ 2017.9.13 画像・写真 スズキが「スイフトスポーツ」をフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、最高出力140psの1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載。「五感に響く刺激的なドライビング」を実現したという新型の姿を、写真で紹介する。
ホームへ戻る