谷口信輝の新車試乗――アウディR8スパイダーV10 5.2 FSIクワトロ(前編)

2017.10.05 mobileCG
 
谷口信輝の新車試乗――アウディR8スパイダーV10 5.2 FSIクワトロ(前編)の画像

レーシングドライバーの谷口信輝が歯に衣着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回の主役はアウディのフラッグシップオープンモデル「R8スパイダー」である。取材当日の天候はあいにくの雨。540psものパワーを誇るスーパースパイダーは、箱根のワインディングロードでどんなフットワークを披露するのだろうか。

 
谷口信輝の新車試乗――アウディR8スパイダーV10 5.2 FSIクワトロ(前編)の画像
 
谷口信輝の新車試乗――アウディR8スパイダーV10 5.2 FSIクワトロ(前編)の画像
 
谷口信輝の新車試乗――アウディR8スパイダーV10 5.2 FSIクワトロ(前編)の画像
 
谷口信輝の新車試乗――アウディR8スパイダーV10 5.2 FSIクワトロ(前編)の画像
 
谷口信輝の新車試乗――アウディR8スパイダーV10 5.2 FSIクワトロ(前編)の画像

自分からグイグイ曲がっていく!

「チクショー……」
ほとんど聞き取れないくらい小さな声だったが、谷口信輝はたしかにそうつぶやいていた。
webCGのようなウェブサイトでは本来使ってはいけない言葉だが、よくよく谷口の表情を見てみれば、その意味合いとは裏腹に妙にうれしそうな笑顔を浮かべている。

「チクショー」 繰り返しそうつぶやく谷口に、なぜ“チクショー”なのか尋ねてみた。すると「だってオオタニさんが『どうだ、R8スパイダーいいだろう。文句があるなら言ってみろ!』という顔をしているんだもん。だから一生懸命アラを探したんだけれど、正直“ぐう”の音も出ない。このクラスのスーパースポーツカーとしてはダントツで、ライバルたちがかすんじゃうくらい、メチャクチャいいね。文句のつけどころがない。だから悔しい。チクショーなんですよ(笑)」

ああ、それだったらよかった。では、どこがどんな風に“チクショー”なのか、もう少し詳しく説明してもらおう。
「まず、フロントもリアも接地感がバツグンにいい。今日は雨で路面もぬれているから、この手のスーパースポーツカーを走らせたら緊張感を覚えてもおかしくないけれど、R8スパイダーに乗っていると『あれ? ここ本当にぬれているの?』っていうくらいの安心感が味わえるんです」

安定性重視と聞くとアンダーステア傾向のクルマを想像されるかもしれないが、R8スパイダーはここでもドライバーの予想を裏切るという。
「普通、ある程度のペースでコーナーに進入すると、ぐっとステアリングを切っても思ったほど曲がらなくて、少し切り増したりするじゃないですか。ところがアウディは自分からグイグイ曲がっていこうとするので、反対にステアリングを少し戻したくなるくらい。思わず『いいよいいよ、そんなに曲がらなくても……』って言いたくなっちゃいました」(続く)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹/編集=竹下元太郎)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

関連キーワード:
R8スパイダーアウディ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディR8スパイダーV10 5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.8.23 試乗記 フルモデルチェンジで2代目となった「R8スパイダー」に試乗。自然吸気のV10エンジンを搭載するアウディの最上級オープンはどんな走りを見せるのか。先代との比較を交えつつ、その印象を報告する。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • メルセデスAMG GT Cロードスター(FR/7AT)【試乗記】 2018.2.14 試乗記 「メルセデスAMG GT」のラインナップに新たに加わった「GT C」。シリーズで最もどう猛な「GT R」と、スポーティーな「GT S」の間に投じられた“微妙な立ち位置の豪華仕様”などと高をくくってはいけない! 「ロードスター」に試乗した。
  • ロータス・エキシージ スポーツ380(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.1 試乗記 ロータスの製品群の中でも、より走りを突き詰めた「エキシージ」が“380”に進化。より強力になった3.5リッターV6スーパーチャージドエンジンと、さらなる軽量化が図られたボディー、それに合わせて最適化の図られた足まわりが織り成す走りに触れた。
  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.2 試乗記 従来モデルから最高出力がアップして車重はダウン。「ロータス・エヴォーラ」の新バージョン「スポーツ410」が日本に上陸。コーリン・チャップマンの理念「LESS MASS MEANS LOTUS」を体現したという新世代グランドツアラーを、箱根で試した。
ホームへ戻る