ほこりまみれの“お宝車”
「バーンファインドカー」の魅力とは

2017.10.06 デイリーコラム

「ほったらかし」に価値がある!?

バーンファインド(Barn find)という言葉を見かけることが多くなった。以前からヒストリックカーエンスージアストの間では使われてきたが、最近になって、クルマ以外のメディアでも取り上げられたことで、広く知られるようになった。岐阜県内の納屋に長く置かれていた1969年型「フェラーリ365GTB/4 デイトナ」の希少モデルが、2017年9月に海外のオークションにかけられ、高価格で落札されて、大きな話題になったからだ。

バーンファインドとは、納屋や物置、倉庫などの中に長く保管されていたものが見つかり、再び日の目を見ることを指し、クルマの場合にはバーンファインドカーと呼ばれる。新しいクルマに乗り換えても手放さず、あるいは個人的なコレクションとして収集・保管するなど、風雨にさらされず、人目につくことなくしまい込まれていたクルマは、ヒストリックカーファンにとっては垂涎(すいぜん)の存在だ。

その理由はいくつかあるが、工場出荷時の状態、いわゆるオリジナルの状態に近いことが最大の魅力となっている。これを手に入れれば、自分の好みに応じてレストア(修復)することが可能だからだ。

だがそれ以上に、近年ではヒストリックカーを新車のようにピカピカに仕上げる行為を、「刻まれてきた歴史を捨てる行い」として否定する傾向にあることが、バーンファインドカーに注目が集まる要因になっている。どう修復するかは、所有者の考えに委ねられていることは言うまでもないが、そうした動きになっているのが現状だ。

世界中の名だたるコンクール・デレガンスでも、未レストア、あるいは修理箇所が少ないヒストリックカーを対象にした「プリザーブドカー」クラスが設けられている。すべてに当てはまるわけではないが、ヒストリックカーの売買では、レストアされたものより、バーンファインドでオリジナリティーが高いほど落札価格が高くなる傾向にある。事故の形跡がなく、装備品がそろっていればさらに評価が上がる。

2017年9月9日、フェラーリの創業70周年を記念するイベントにおいてオークションにかけられた、日本は岐阜県内のバーンファインドカー「365GTB/4 デイトナ」。
2017年9月9日、フェラーリの創業70周年を記念するイベントにおいてオークションにかけられた、日本は岐阜県内のバーンファインドカー「365GTB/4 デイトナ」。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事