東京モーターショー2017

【東京モーターショー2017】トヨタ、新型「センチュリー」を初公開

2017.10.05 自動車ニュース
新型「トヨタ・センチュリー」(プロトタイプモデル)
新型「トヨタ・センチュリー」(プロトタイプモデル)拡大

トヨタ自動車は2017年10月5日、第45回東京モーターショー(開催期間:2017年10月25日~11月5日)において、2018年の年央に発売予定の新型「センチュリー」を初披露すると発表した。

 
【東京モーターショー2017】トヨタ、新型「センチュリー」を初公開の画像拡大
 
【東京モーターショー2017】トヨタ、新型「センチュリー」を初公開の画像拡大
 
【東京モーターショー2017】トヨタ、新型「センチュリー」を初公開の画像拡大
 
【東京モーターショー2017】トヨタ、新型「センチュリー」を初公開の画像拡大
 
【東京モーターショー2017】トヨタ、新型「センチュリー」を初公開の画像拡大
 
【東京モーターショー2017】トヨタ、新型「センチュリー」を初公開の画像拡大

センチュリーがハイブリッドモデルに

3代目となる新型センチュリーは、「環境性能や快適性を追求したパッケージ」や「センチュリーのヘリテージを継承しつつも新たな魅力を備えた内外装デザイン」「ショーファーカーとしてふさわしい先進装備や快適装備」などに重点を置いて開発された。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=5335×1930×1505mmで、ホイールベースは3090mm。ホイールベースは先代から75mm延長されており、その延長分は後席スペースの空間拡大にあてられている。

パワーユニットには5リッターV8エンジンをベースとしたハイブリッドシステムを採用。2段変速式のリダクション機構を持つトランスミッションを組み合わせ、低燃費と静かで滑らかな走りを実現したという。静粛性の向上には、エンジンマウント特性の最適化や、アクティブノイズコントロールシステムの採用も寄与している。

外装デザインは、グリルやヘッドランプをすっきりとまとめたフロントマスクや“しなやかな動感”を表現したというサイドビュー、さらに、グリルに施された七宝文様や、ブラックのリアコンビランプガーニッシュが特徴とされている。

内装には専用織物を使用した織り上げ天井様式を採り入れた。後席には電動オットマンや、リフレッシュ機能付きアジャスタブルシートを採用。さらに、ライティングテーブルや読書灯、大型ディスプレイ付きリアシートエンターテインメントシステムなども備わる。

このほか、衝突回避支援システムの「Toyota Safety Sense P」やブラインドスポットモニター、リアクロストラフィックアラートなども標準装備する。

(webCG)

関連キーワード
東京モーターショー2017
関連記事
関連サービス(価格.com)