第62回:謎の快音マフラーふたたび(その1)

2017.10.10 カーマニア人間国宝への道

サウンド重視のフェラーリ用マフラー

秋になった。

秋が来れば思い出す。はるかなフェラーリ、どうなった~♪

実は本当に“はるかなフェラーリ”になっていた。夏の間は、快音マフラー工房・キダスペシャルにマフラー製作を依頼し、赤い玉号こと愛機「328GTS」をずっと預けていたのである。

キダスペシャル。それは喜多 豊さんというマフラー職人がおっぱじめたマフラーブランド……というよりマフラー屋さんだ。今回はあえて“快音マフラー工房”などというこじゃれた言葉を使ってみたが、実際は、どくだみ荘的町工場とでも申しましょうか? 勘と経験に頼った完全手作りの、ものすごく原始的なマフラー工場であります。

私とキダスペシャルとの関わりは長い。私にとって最初のフェラーリである「348tb」用のマフラーを作ってもらったのが、94年春。そこから数えると23年になる。

23年前。当時、マフラーを交換するのは、よりパワーを出すためだった。マフラーだけでそんなにパワーが上がるはずもないのだが、とにかく世はまだまだパワー重視。どんだけ速くなるかがすべてであり、マフラー屋さんは、ウソでもなんでも「〇〇馬力アップ!」をうたい文句にしていた。

ところがキダスペシャルは、ズバリ、サウンド重視だった。マフラーでパワーが大増大なんてあるわけないが、音色は変えられる。楽器のように。

久々の登場、筆者の愛車「フェラーリ328GTS」。(写真=池之平昌信)
久々の登場、筆者の愛車「フェラーリ328GTS」。(写真=池之平昌信)
キダスペシャルの生みの親、喜多 豊さん。
キダスペシャルの生みの親、喜多 豊さん。
筆者にとって初めてのフェラーリとなった「348tb」。
筆者にとって初めてのフェラーリとなった「348tb」。
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.8.1 試乗記 車名の「812」とは“800psの12気筒”の意。FRのロードゴーイング・フェラーリとしては、史上最強かつ最速を掲げる「812スーパーファスト」。その実力をフェラーリのホームグラウンド、フィオラーノ・サーキットで解き放った。
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.12.29 試乗記 4代目となる「ルノー・メガーヌ」に試乗。シャシーや4輪操舵機構「4コントロール」のチューニングをルノーのモータースポーツ部門が手がけた新型は、ワインディングロードでこそ本領を発揮する、優れたハンドリングマシンに仕上がっていた。
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.12.26 試乗記 好戦的なエアロパーツで身を包んだ「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ」。独ニュルブルクリンクの北コースを量産車最速(計測当時)のタイムで駆け抜けたと聞けば、その走りはさぞや“レーシー”と誰もが思うだろう。しかしてその実体は……?
ホームへ戻る