東京モーターショー2017

【東京モーターショー2017】三菱はAI技術を使ったコンセプトカーをフィーチャー

2017.10.05 自動車ニュース
「三菱e-エボリューションコンセプト」
「三菱e-エボリューションコンセプト」拡大

三菱自動車は2017年10月5日、第45回東京モーターショー(開催期間:2017年10月25日から11月5日)の出展概要を発表した。

「e-エボリューションコンセプト」のサイドビュー。
「e-エボリューションコンセプト」のサイドビュー。拡大
「三菱エクリプス クロス」
「三菱エクリプス クロス」拡大

人工知能の活用をアピール

東京モーターショーの三菱ブースにおける目玉となるのは、クロスオーバーSUVのコンセプトカー「e-エボリューションコンセプト」。同社が得意とするEV技術と四輪制御技術に代表されるSUVノウハウを融合・進化させた上で、AI(人工知能)の技術を盛り込むことにより、どんな気象条件や路面状況でも、クルマとドライバーの意思を高度に同調させ、意のままになるドライビングを提供するという。

e-エボリューションコンセプトの駆動方式は、フロントに1基、リアに2基のモーターを採用したトリプルモーター方式の4WDシステム。これに大容量の駆動用バッテリーが組み合わされる。

ドライバーの運転をアシストする車載AIは、多くのセンサーを介して刻々と変化する道路環境や交通状況を認識。ドライバーの運転操作からもその意思を的確に読み取り、乗員の運転技量に関わらず、安全で快適なドライビングを実現する。一方で運転の技量も把握し、その向上を図るメニューを考え、音声対話機能や前面の大型ディスプレイを使ってアドバイスするという。

人工知能については、「AIパーソナルアシスタント」と「スマートスピーカー」という、ふたつの技術展示も行われる。

このうちAIパーソナルアシスタントは、人工知能技術やコネクティッドカー技術を活用しつつ、乗員のことを深く理解し、運転中の安心・安全のための適切な情報を提供。運転中のドライバーと在宅中の家族とのコミュニケーションもサポートする。

もうひとつのスマートスピーカーは、無線通信接続機能と音声を介したアシスタント機能を持つスピーカーで、今回のショーでは、自動車との連携の可能性を示すものとして、ヘッドライトの点灯、車内の温度調節、ドアのロックといったデモンストレーションが行われる。

このほか、既存の市販車両6モデルと、2017年3月のジュネーブモーターショーで世界初公開されたコンパクトSUV「エクリプス クロス」も出展される。エクリプス クロスは「個性的なデザイン」や「コネクティビティー」、四輪制御技術で安心して楽しめる「ドライビングフィール」が特徴とされるクーペSUVで、日本国内での販売も予定されている。

(webCG)

関連キーワード:
エクリプス クロス三菱東京モーターショー2017モーターショー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事