トヨタが「ピクシス ジョイ」の先進安全装備を強化

2017.10.05 自動車ニュース
「トヨタ・ピクシス ジョイC G“SA III”」。ボディーカラーは「レモンスカッシュクリスタルメタリック」。
「トヨタ・ピクシス ジョイC G“SA III”」。ボディーカラーは「レモンスカッシュクリスタルメタリック」。拡大

トヨタ自動車は2017年10月5日、軽乗用車「ピクシス ジョイ」を一部改良し、販売を開始した。

「ピクシス ジョイC G“SA III”」のインテリア。
「ピクシス ジョイC G“SA III”」のインテリア。拡大
「ピクシス ジョイF G“SA III”」。ボディーカラーは「ダークエメラルドマイカ」。
「ピクシス ジョイF G“SA III”」。ボディーカラーは「ダークエメラルドマイカ」。拡大
「ピクシス ジョイF G“SA III”」のインテリア。
「ピクシス ジョイF G“SA III”」のインテリア。拡大
「ピクシス ジョイS “SA III”」。ボディーカラーは「ブラックマイカメタリック×ホワイト×シャイニングレッド」。
「ピクシス ジョイS “SA III”」。ボディーカラーは「ブラックマイカメタリック×ホワイト×シャイニングレッド」。拡大
「ピクシス ジョイS “SA III”」のインテリア。
「ピクシス ジョイS “SA III”」のインテリア。拡大
「ピクシス ジョイF G“SA III”プライムコレクション」のインテリア。
「ピクシス ジョイF G“SA III”プライムコレクション」のインテリア。拡大

今回の一部改良では、先進安全装備の強化やエクステリアデザインの変更を実施した。さらに、新グレードとなる「プライムコレクション」を追加設定した。

先進安全装備については、衝突回避支援システム「スマートアシストII」に代えて、新たに「スマートアシストIII」を主要グレードに採用。緊急ブレーキが歩行者にも対応したほか、オートハイビーム機能も備えた。

外観では、「ピクシス ジョイC」のフロントグリルをハニカムデザインから横バーデザインへと変更したほか、「ピクシス ジョイF」のフロントグリルのメッシュパターンも変更している。

ボディーカラーのラインナップも変更しており、新たに「レモンスカッシュクリスタルメタリック」と「オフビートカーキメタリック」をピクシス ジョイCに設定。ピクシス ジョイFには「ダークエメラルドマイカ」を追加設定した。

新グレードとなるプライムコレクションは、ブラック調のインテリアやレザー調のシートおよびドアトリム表皮、シートヒーター、SRSサイドエアバッグなどを装備した上級仕様となっている。

ラインナップと価格は以下の通り。

【ピクシス ジョイC】

  • C X:122万5800円
  • C X“SA III”:129万0600円
  • C G“SA III”:141万4800円
  • C G“SA III”プライムコレクション:147万9600円
  • C Gターボ“SA III”:151万7400円
  • C Gターボ“SA III”プライムコレクション:158万2200円

(※FF車の価格。4WD車は上記の12万9600円高)

【ピクシス ジョイF】

  • F X:122万5800円
  • F X“SA III”:129万0600円
  • F G“SA III”:141万4800円
  • F G“SA III”プライムコレクション:147万9600円
  • F Gターボ“SA III”:151万7400円
  • F Gターボ“SA III”プライムコレクション:158万2200円

(※FF車の価格。4WD車は上記の12万4200円高)

【ピクシス ジョイS】

  • S “SA III”:164万7000円

(※FF車の価格。4WD車は上記の12万4200円高)

(webCG)

あなたにおすすめの記事
新着記事