先進安全装備を強化、ダイハツが「キャスト」を一部改良

2017.10.05 自動車ニュース
「ダイハツ・キャスト アクティバGプライムコレクション“SA III”」
「ダイハツ・キャスト アクティバGプライムコレクション“SA III”」拡大

ダイハツ工業は2017年10月4日、軽乗用車「キャスト」を一部改良し、販売を開始した。

「キャスト スタイルGプライムコレクション“SA III”」
「キャスト スタイルGプライムコレクション“SA III”」拡大
「キャスト スポーツ“SA III”」
「キャスト スポーツ“SA III”」拡大
「キャスト アクティバGターボ プライムコレクション“SA III”」のインテリア。
「キャスト アクティバGターボ プライムコレクション“SA III”」のインテリア。拡大
「キャスト アクティバGターボ プライムコレクション“SA III”」のシート。
「キャスト アクティバGターボ プライムコレクション“SA III”」のシート。拡大
「キャスト スタイルGターボ プライムコレクション“SA III”」のインテリア。
「キャスト スタイルGターボ プライムコレクション“SA III”」のインテリア。拡大
「キャスト スタイルGターボ プライムコレクション“SA III”」のシート。
「キャスト スタイルGターボ プライムコレクション“SA III”」のシート。拡大
「キャスト スポーツ“SA III”」のインテリア。
「キャスト スポーツ“SA III”」のインテリア。拡大
「キャスト スポーツ“SA III”」のシート。
「キャスト スポーツ“SA III”」のシート。拡大

今回の一部改良では、先進安全装備の強化や内外装のデザイン変更などを行った。また、従来「アクティバ」と「スタイル」に特別仕様車として設定していた「プライムコレクション」を、標準グレード化した。

先進安全装備については、主要グレードに搭載する衝突回避支援システム「スマートアシストII」を、歩行者にも緊急ブレーキ対応する「スマートアシストIII」へと変更した。さらに、4つのカメラで車両の前後左右を映し、ナビ画面に上から見下ろしたような映像を映し出すパノラマモニターをオプション設定している。

アクティバとスタイルについては、フロントグリルの意匠を変更。また、カラーバリエーションの追加やデザインフィルムトップの設定を拡大したほか、インテリアのアクセントカラーの設定も変更した。

各モデルの内外装の変更点は以下の通り。

【キャスト アクティバ】

  • フロントグリルの意匠を変更。
  • 新規車体色として「レモンスカッシュクリスタル」と「オフビートカーキ」を採用し、全7色19パターンを設定。
  • デザインフィルムトップの設定を拡大し、「ディープブルークリスタルマイカ×ブラック」「ブラックマイカ×ホワイト」「レモンスカッシュクリスタル×ブラック」「レモンスカッシュクリスタル×ホワイト」「オフビートカーキ×ブラック」「オフビートカーキ×ホワイト」を新たに設定。
  • インテリアアクセントカラーの設定色を変更し、「イエロー」と「カーキ」を追加。またプライムコレクションでは、車体色対応もしくは「ブラック」が選択可能に。
  • メーターの意匠を変更し、文字盤を黒色化。また奇数数字の表記をなくし、数字のサイズを拡大。

【キャスト スタイル】

  • フロントグリルの意匠を変更。
  • 新規車体色として「ダークエメラルドマイカ」を採用し、全7色15パターンを設定。
  • デザインフィルムトップの設定を変更し、「ライトローズマイカ×ホワイト」「ダークエメラルドマイカ×ホワイト」を新たに設定。
  • インテリアアクセントカラーの設定を変更し、プライムコレクションの室内色を「ホワイト」から「ブラウン」に変更。それ以外のグレードには「シルバー」を標準設定し、メーカーオプションとして「バーガンディ」も設定。
  • プライムコレクションのシートを、アクティバ スポーツと共通のレザー調ブラックに変更。
  • メーターの数字のフォントを変更。

【キャスト スポーツ】

  • 新規車体色として「ブライトシルバー」を採用し、全3色6パターンを設定(ブライトシルバー選択時のデザインフィルムトップは「ブラック」)。
  • モノトーン選択時も、リアクオーターパネルとドアミラーを「シャイニングレッド」に変更可能(メーカーオプション)。
  • メーター内の針、メモリ部分を赤色化し、スポーティー感を向上。また奇数数字の表記をなくし、数字のサイズを拡大。

このほか、運転席シートリフターおよびチルトステアリングを全車に標準装備としたほか、「純正ナビ装着用アップグレードパック」をスポーツに標準装備とした。

価格は以下の通り。

【キャスト アクティバ】

  • X:122万5800円(FF)/135万5400円(4WD)
  • X“SA III”:129万0600円(FF)/142万0200円(4WD)
  • G“SA III”:141万4800円(FF)/154万4400円(4WD)
  • Gプライムコレクション“SA III”:147万9600円(FF)/160万9200円(4WD)
  • Gターボ“SA III”:151万7400円(FF)/164万7000円(4WD)
  • Gターボ プライムコレクション“SA III”:151万7400円(FF)/164万7000円(4WD)

【キャスト スタイル】

  • X:122万5800円(FF)/135万円(4WD)
  • X“SA III”:129万0600円(FF)/141万4800円(4WD)
  • G“SA III”:141万4800円(FF)/153万9000円(4WD)
  • Gプライムコレクション“SA III”:147万9600円(FF)/160万3800円(4WD)
  • Gターボ“SA III”:151万7400円(FF)/164万1600円(4WD)
  • Gターボ プライムコレクション“SA III”:158万2200円(FF)/170万6400円(4WD)

【キャスト スポーツ】

  • “SA III”:164万7000円(FF)/177万1200円(4WD)

(webCG)

 

関連キーワード:
キャスト アクティバキャスト スタイルキャスト スポーツダイハツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・キャスト スポーツ“SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2015.12.12 試乗記 ダイハツから、ひとつの車型で3つのモデルを取りそろえる軽自動車「キャスト」が登場。今回はその中から、走りを追及した“第3のモデル”こと「スポーツ」に試乗した。「コペンの4人乗りをイメージして作った」とされる同車の特徴を一言で表すと……?
  • ダイハツ・キャスト スポーツ 2015.11.13 画像・写真 「ダイハツ・キャスト」に、専用チューニングのサスペンションや16インチホイールなどを備えたスポーティーな「キャスト スポーツ」が登場。オープン2シーター「コペン」で培ったノウハウを取り入れたというキャスト第3のモデルの姿を、写真で紹介する。
  • 先進安全装備を強化、ダイハツが「キャスト」を一部改良 2017.10.5 自動車ニュース ダイハツ工業は2017年10月4日、軽乗用車「キャスト」を一部改良し、販売を開始した。今回の一部改良では、先進安全装備の強化や内外装のデザイン変更などを行った。
  • ダイハツ・キャスト アクティバGターボ“SA II”(FF/CVT)/キャスト スタイルX“SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2015.10.9 試乗記 ダイハツから3つのスタイルを持つ新型軽乗用車「キャスト」が登場。「隣のお宅と同じクルマはイヤ!」という、今時の軽ユーザーの要望を反映したニューモデルの実力はいかに? 一足先に登場した「アクティバ」と「スタイル」に試乗し、その出来栄えを試した。
  • ダイハツが「キャスト」を一部改良、特別仕様車も 2016.6.20 自動車ニュース ダイハツが「キャスト」を一部改良。ルーフなどをボディーと別色とする「デザインフィルムトップ」に新規設定色を採用するなど、カラーバリエーションを拡大した。同時に、レザー調シートを備えた特別仕様車「プライムコレクション」を発売した。
ホームへ戻る