東京モーターショー2017

【東京モーターショー2017】トヨタ、「GR」のハイブリッドスポーツコンセプトを世界初公開

2017.10.06 自動車ニュース
「トヨタGR HVスポーツコンセプト」
「トヨタGR HVスポーツコンセプト」拡大

トヨタ自動車は2017年10月6日、第45回東京モーターショー(開催期間:2017年10月25日~11月5日)において、コンセプトカー「GR HV SPORTS concept(スポーツコンセプト)」を世界初披露すると発表した。

 
【東京モーターショー2017】トヨタ、「GR」のハイブリッドスポーツコンセプトを世界初公開の画像拡大
 
【東京モーターショー2017】トヨタ、「GR」のハイブリッドスポーツコンセプトを世界初公開の画像拡大
 
【東京モーターショー2017】トヨタ、「GR」のハイブリッドスポーツコンセプトを世界初公開の画像拡大
 
【東京モーターショー2017】トヨタ、「GR」のハイブリッドスポーツコンセプトを世界初公開の画像拡大
 
【東京モーターショー2017】トヨタ、「GR」のハイブリッドスポーツコンセプトを世界初公開の画像拡大

「スポーツカーと環境技術を融合した新たなクルマの楽しさを提案する」というGR HVスポーツコンセプトには、TOYOTA GAZOO Racingが世界耐久選手権(WEC)を戦うハイブリッドレーシングマシン「TS050ハイブリッド」を想起させるデザインが与えられる。

具体的なデザインについては、ピュアスポーツカーとしての機能性を追求すると同時に、LEDヘッドランプやアルミホイール、リアディフューザーなどにTS050ハイブリッドをイメージさせるパーツを採用し、トヨタのモータースポーツとのつながりを感じさせるものとした。ボディーカラーはマットブラック、ルーフはトヨタの往年のオープンスポーツカー「スポーツ800」(通称:ヨタハチ)や「スープラ」にも設定していた「エアロトップ」スタイルを採用している。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4395×1805×1280mmで、乗車定員は2人となる。

インテリアでは、センタークラスターにギアポジションスイッチを横に並べて配置し、レーシーな雰囲気を演出。これとは別にシフトレバーも備わっており、マニュアルモードに切り替えることで、AT車でありながら6段MT車のようなHパターン式のギアチェンジができる。プッシュ式のスタートスイッチは、このシフトレバーの、開閉式のノブ内に設置される。

パワーユニットはTS050で鍛えたハイブリッド技術「THS-R(TOYOTA Hybrid System-Racing)」で、駆動方式はFR。重量物であるハイブリッドのバッテリーを車両の中央付近に搭載することで、走行性能を向上させているという。

(webCG)

関連キーワード
東京モーターショー2017
関連記事