第523回:「スバルと結婚した男」に聞く
イタリアでの日本車ディーラー人生

2017.10.13 マッキナ あらモーダ!

スバルとマツダ、さらにホンダも売ってます

スバルとマツダといえば、日本車の中でも、特に熱烈なファンを持つブランドである。ボクが住むトスカーナの州都フィレンツェに、その双方を扱っているディーラー「ムニャイーニ・アウト」がある。連絡を試みると、大歓迎の返事がきた。こういってはなんだが、イタリアとは思えない爆速レスポンスである。

所在地の街路名は、イタリア空軍の名パイロットにちなんだ「フランチェスコ・バラッカ通り」だ。ちなみにフェラーリのエンブレムは、バラッカの機体に描かれていた跳ね馬に由来する。

店を入って最初に迎えてくれたのはセールス歴17年というファビオ氏であった。

通りをはさんだ向こうには中古車展示場がある。加えて、数ブロック離れたところにあるグループ会社のショールームでは、ホンダと韓国のキアを扱っていると教えてくれた。

従業員は全部で約40名。年間販売台数の比率は、日本車の合計とキアとで、ほぼ半々という。日本車の詳しい内訳は、ホンダが約350台、マツダが約200台、そしてスバルが60台から80台ほどだ。

「近年ショールームを訪れる地元の人は減少気味です。しかし、弊社の最新オファーなどをインターネットで知り、ボローニャなど遠方からやってくるお客さんが増えたおかげで均衡を保っています」と、ファビオ氏は分析する。この店はネットの効果を熟知している。冒頭の超速リプライの理由がうかがえた。

フィレンツェのスバル&マツダ販売店「ムニャイーニ・アウト」。ショールームは半分がマツダのスペースで、もう半分がスバルにあてられる。
フィレンツェのスバル&マツダ販売店「ムニャイーニ・アウト」。ショールームは半分がマツダのスペースで、もう半分がスバルにあてられる。
朝、「マツダCX-5」にNUOVO MODELLO(新型)のカードを掲げるエンツォ・ムニャイーニ氏。ムニャイーニ・アウトの社主である。
朝、「マツダCX-5」にNUOVO MODELLO(新型)のカードを掲げるエンツォ・ムニャイーニ氏。ムニャイーニ・アウトの社主である。
スバルの展示スペース。「スバルのお客さんは、ショールームを訪れる前に、技術を予習してきます。『価格は二の次』という方も少なくありません」とスバルの販売責任者は証言する。
スバルの展示スペース。「スバルのお客さんは、ショールームを訪れる前に、技術を予習してきます。『価格は二の次』という方も少なくありません」とスバルの販売責任者は証言する。
デスクはマツダ車の展示スペース内にあるものの、スバル車の販売責任者を務めるファビオ・ガッゼーリ氏。
デスクはマツダ車の展示スペース内にあるものの、スバル車の販売責任者を務めるファビオ・ガッゼーリ氏。
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事