第448回:歴史的なランボルギーニがスイスに集合
同社初の自社開催コンクールデレガンスを観る

2017.10.11 エディターから一言
イベントのメインテーマはル・コルビュジエへのオマージュ。イベントは、彼の生まれ故郷であるラ・ショー=ド=フォンへも足を伸ばした。
イベントのメインテーマはル・コルビュジエへのオマージュ。イベントは、彼の生まれ故郷であるラ・ショー=ド=フォンへも足を伸ばした。

ランボルギーニがスイス西部の湖畔の街ヌーシャテルで、2017年9月15日から17日まで、コンクールデレガンスを開催した。同社としては初開催となるコンクールデレガンスで栄誉ある「ベスト・オブ・ショー」に輝いたのは、日本から参加した「ミウラSV」だった。自動車ライターの西川 淳がリポートする。

コンクールデレガンスへの参加資格は1999年までに生産されたランボルギーニであること。ただし、「レヴェントン」「セストエレメント」「ヴェネーノ」「チェンテナリオ」といった“ワンオフモデル”は生産年に関係なく参加が可能。
コンクールデレガンスへの参加資格は1999年までに生産されたランボルギーニであること。ただし、「レヴェントン」「セストエレメント」「ヴェネーノ」「チェンテナリオ」といった“ワンオフモデル”は生産年に関係なく参加が可能。
パレードの様子。先頭を行くのは「イスレロ」。
パレードの様子。先頭を行くのは「イスレロ」。
「クンタッチ(カウンタック)」(左)と「ジャルパ」(右)。
「クンタッチ(カウンタック)」(左)と「ジャルパ」(右)。
ずらりと並んだ新旧のランボルギーニ。
ずらりと並んだ新旧のランボルギーニ。

スイスの2つの街を舞台に開催

ツーリング&ギャザリング(集会)、コンクールデレガンス、そしてオークション。これら3タイプのイベントが、言ってみれば“メインステージ”となって、昨今のクラシックカーブームを支えていると言っていい。ツアーを走る姿を見てもらい、ビューティーコンテストで賞を取って、オークションで高く取引してもらう、というのがメインストリームである。

ツーリングやギャザリングイベントはこれまでもたくさん開催されてきたが、昨今、はやってきているのがコンクールデレガンスだ。ペブルビーチやヴィラデステが世界的に有名だが、最近では有名ブランドが独自に、自社のヘリテージモデルを集めてコンテストを開くケースが増えてきている。

9月のなかば、スイスはヌーシャテルにおいて、ランボルギーニ社もコンクールデレガンスを開催した。初めての自社開催コンクールで、“ポロストリコ”というクラシックモデルのアーカイブや認定、レストア事業を行う部門が中心となって運営したものだ。

「近代建築の3巨匠」のひとりであり、建築以外にも家具や彫刻などさまざまな分野において現代人の生活をデザインしたル・コルビュジエへのオマージュをメインテーマとしたため、彼の生まれ故郷であるラ・ショー=ド=フォン(精密時計でも有名な街だ)と近郊の美しい街ヌーシャテルを、その初舞台として選んだのだった。

あなたにおすすめの記事
新着記事