「クラウン」がニュルで走行テスト!?
トヨタが東京ショーに出展する「クラウン コンセプト」とは?

2017.10.11 デイリーコラム
第45回東京モーターショーの開幕を前に、「クラウン コンセプト」の画像が公開された。
第45回東京モーターショーの開幕を前に、「クラウン コンセプト」の画像が公開された。

トヨタが2017年10月4日に配布したプレスリリース、その冒頭部分をまずはお読みいただきたい。これが何のクルマのものなのか、一読してお分かりになるだろうか? 「クラウン」に何が起こったのか。

フロントビューでは、グリル内に備わる「RS」のエンブレムに注目。これまでの「クラウン」よりも、走りに振ったモデルとなるのだろうか。
フロントビューでは、グリル内に備わる「RS」のエンブレムに注目。これまでの「クラウン」よりも、走りに振ったモデルとなるのだろうか。

その“特徴”はまるでスポーツカー

「Fun to Drive」を突き詰めた革新的な走行性能
将来のモビリティ社会においてもクルマを操る楽しさをお客様に提案するため、TNGAに基づきプラットフォームを一新するなどクルマをゼロから開発するとともに、ドイツのニュルブルクリンクでの走行テストを実施。意のままに操れるハンドリング性能に加え、低速域から高速域かつスムーズな路面から荒れた路面など、あらゆる状況において目線のぶれない圧倒的な走行安定性を実現し、ドライバーに“走る歓び”と“安心”を提供する

上記はあるニューモデルのプレスリリースの冒頭に記された“特徴”だが、これから想像する車種は? Fun to DriveやTNGAから、トヨタ/レクサスであるのは明らかだ。そしてニュルでの走行テストやハンドリング性能という言葉からは、走りに振ったスポーティーなモデルが連想される。だが、これは2017年10月25日に開幕する第45回東京モーターショー2017に出展される「クラウン コンセプト」のリリースに記された文章なのである。これを読んで、「美しい日本のクラウン」や「いつかはクラウン」といったキャッチコピーを掲げた、伝統を重んじる日本ならではの静的な高級車といったクラウンのイメージは、完全に過去のものとなったことを痛感させられた。

14代目となる現行クラウンが登場した際も、大胆な変貌ぶり、特に「アスリート」の顔つきに驚かされたが、その現行モデルの人気・評価が上々だったことから、トヨタは自らの方向性に自信を深め、一段と改革を進めたのだろう。現行「プリウス」や「カムリ」を筆頭として、近年のトヨタはアグレッシブな攻めの姿勢を見せているが、次期クラウンにもその勢いが及んだわけである。

公表されたクラウン コンセプトの姿は、フロントとサイドビューである。このうちサイドビューだけを見せられたら、筆者は即座にクラウンとはわからなかっただろう。よく見ればヘッドライトとフロントグリルの側面、そしてテールライトの形状に現行クラウンの面影が認められる。だが6ライトウィンドウを備えた4ドアクーペ風のプロポーションは、これまでのクラウンとは一線を画している。

あなたにおすすめの記事
新着記事