第63回:謎の快音マフラーふたたび(その2)

2017.10.17 カーマニア人間国宝への道

東久留米のどくだみ工房へ

「清水さん何やってんですか! 東久留米駅の写真なんか撮って! そんなことしてる人、生まれて初めて見ましたよ!」

迎えに来てくれていた岡田ピーが私を責めた。私としては東久留米の発展に猛烈に驚愕(きょうがく)&感動しての行動だったが、地元民には奇異に見えたようだ。

駅から数分。岡田ピーの激安オペル(確か18万円)は、キダスペシャルのどくだみ工房に到着した。

シャッターを開けると、そこには、やけに前のめりになった赤い玉号が鎮座ましましていた。

そーか、岡田ピーよ、こうして赤い玉号をずっと室内に置いといてくれたんだね。これなら東久留米を大豪雨が襲った際も、心配する必要なかったなァ!

私「で、マフラーのデキはどうなの?」

岡田ピー「……それですが、実は自分ではいいのか悪いのか、訳わかんなくなっちゃいまして、先週尾上メカのところまで行って、聴いてもらいました」

私「尾上ちゃんは何て?」

岡田ピー「これならいいんじゃない、とお褒めいただきました!」

今回“赤い玉号”のマフラー製作を担当したキダスペシャルの岡田ピー。
今回“赤い玉号”のマフラー製作を担当したキダスペシャルの岡田ピー。
東久留米にあるキダスペシャルの工房にて。
東久留米にあるキダスペシャルの工房にて。
“赤い玉号”がヤケに前のめりだったのは、後輪が台に乗っていたためだった。
“赤い玉号”がヤケに前のめりだったのは、後輪が台に乗っていたためだった。
長年フェラーリの整備に携わる、尾上サービスの尾上メカ。
長年フェラーリの整備に携わる、尾上サービスの尾上メカ。
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
新着記事