シトロエン、「DS3レーシング」を限定発売

2011.09.05 自動車ニュース
「シトロエンDS3 Racing」(ボディーカラー:ノアール・オプシディアン+オレンジ)
シトロエン、「DS3レーシング」を限定発売

シトロエン、「DS3レーシング」を限定発売

プジョー・シトロエン・ジャポンは2011年9月5日、「シトロエンDS3」のスペシャルチューンモデル、「DS3 Racing(レーシング)」の受注予約を開始した。

こちらは、ブラン・バンキーズ+グレーのボディーカラーのもの。
こちらは、ブラン・バンキーズ+グレーのボディーカラーのもの。
インテリアの様子。
インテリアの様子。
シトロエン、「DS3レーシング」を限定発売の画像

「DS3レーシング」は、WRC(世界ラリー選手権)で優れた成績を残す「シトロエン・レーシング」のエンジニアが開発を担当した、初めての市販モデルだ。2010年10月のパリモーターショーで世界限定1000台のリリースを発表。その後、各国マーケットからの強いリクエストを受け、今年2000台が追加生産がされることになった。日本には限定35台が輸入され、販売される。

パワートレインは、1.6リッターツインスクロールターボエンジン+6段MTの組み合わせ。「DS3スポーツシック」に搭載されるエンジンのターボチャージャーやコントロールユニット、エキゾーストなどに専用チューニングが施され、最高出力は156psから207psへと約33%アップ,最大トルクは24.5kgmから28.0kgmへと、約15%向上している。(各スペックは欧州仕様値)

足まわりは、車高を15mmローダウンすると共にトレッドを30mm拡大、さらに専用ダンパー&スプリングが採用される。足元には18インチアロイホイール+215/40R18タイヤを履き、ブレーキも専用4ピストンキャリパーと大径ディスクローターによって強化されている。

エクステリアはスポーティにドレスアップ。フロント&サイドスカートやフロント&リアフェンダー、リアバンパーアンダープロテクターなどにカーボンパーツを採用。また、専用のボディカラーコンビネーション(ノアール・オプシディアン+オレンジ、ブラン・バンキーズ+グレー)および、専用ステッカー(ルーフ、右フロントフェンダー、左右リアフェンダー)を装備する。さらにスペシャルなアイテムとして、フロントダブルシェブロン&グリル、ドアミラー、ホイールがルーフカラーと同色に塗られる。

インテリアも華やかな仕立てで、ステアリングホイールアクセント、インナードアハンドルベース、センターコンソールにカーボンパーツを装着。レザーのシフトノブがあしらわれ、ダッシュボードはルーフカラーと同色でコーディネートされる。

価格は360万円。右ハンドル車のみ35台が限定販売される。

(webCG)

関連キーワード:
DS3シトロエン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • シトロエンDS3カブリオ スポーツシック(FF/6MT)【試乗記】 2013.10.6 試乗記 シトロエンのプレミアムコンパクト「DS3」に、セミオープンの「DS3カブリオ」が登場。ボディーの随所に散りばめられた、ダブルシェブロンの魅力とアイデンティティーに触れた。
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(6AT/FF)【試乗記】 2017.8.30 試乗記 これまでディーゼル専用だった「マツダCX-3」にガソリンエンジン搭載車が登場した。それに加えて、「WLTC」燃費モードの認可をいち早く取得するなど、最近のマツダは話題に事欠かない。「20Sプロアクティブ」グレードに試乗した。
ホームへ戻る