シトロエン、「DS3レーシング」を限定発売

2011.09.05 自動車ニュース
「シトロエンDS3 Racing」(ボディーカラー:ノアール・オプシディアン+オレンジ)
シトロエン、「DS3レーシング」を限定発売

シトロエン、「DS3レーシング」を限定発売

プジョー・シトロエン・ジャポンは2011年9月5日、「シトロエンDS3」のスペシャルチューンモデル、「DS3 Racing(レーシング)」の受注予約を開始した。

こちらは、ブラン・バンキーズ+グレーのボディーカラーのもの。
こちらは、ブラン・バンキーズ+グレーのボディーカラーのもの。
インテリアの様子。
インテリアの様子。
シトロエン、「DS3レーシング」を限定発売の画像

「DS3レーシング」は、WRC(世界ラリー選手権)で優れた成績を残す「シトロエン・レーシング」のエンジニアが開発を担当した、初めての市販モデルだ。2010年10月のパリモーターショーで世界限定1000台のリリースを発表。その後、各国マーケットからの強いリクエストを受け、今年2000台が追加生産がされることになった。日本には限定35台が輸入され、販売される。

パワートレインは、1.6リッターツインスクロールターボエンジン+6段MTの組み合わせ。「DS3スポーツシック」に搭載されるエンジンのターボチャージャーやコントロールユニット、エキゾーストなどに専用チューニングが施され、最高出力は156psから207psへと約33%アップ,最大トルクは24.5kgmから28.0kgmへと、約15%向上している。(各スペックは欧州仕様値)

足まわりは、車高を15mmローダウンすると共にトレッドを30mm拡大、さらに専用ダンパー&スプリングが採用される。足元には18インチアロイホイール+215/40R18タイヤを履き、ブレーキも専用4ピストンキャリパーと大径ディスクローターによって強化されている。

エクステリアはスポーティにドレスアップ。フロント&サイドスカートやフロント&リアフェンダー、リアバンパーアンダープロテクターなどにカーボンパーツを採用。また、専用のボディカラーコンビネーション(ノアール・オプシディアン+オレンジ、ブラン・バンキーズ+グレー)および、専用ステッカー(ルーフ、右フロントフェンダー、左右リアフェンダー)を装備する。さらにスペシャルなアイテムとして、フロントダブルシェブロン&グリル、ドアミラー、ホイールがルーフカラーと同色に塗られる。

インテリアも華やかな仕立てで、ステアリングホイールアクセント、インナードアハンドルベース、センターコンソールにカーボンパーツを装着。レザーのシフトノブがあしらわれ、ダッシュボードはルーフカラーと同色でコーディネートされる。

価格は360万円。右ハンドル車のみ35台が限定販売される。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

DS3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • DS 3パフォーマンス ブラックスペシャル(FF/6MT)【試乗記】 2016.11.4 試乗記 「DS 3」史上最強の1.6リッターターボエンジンを搭載する限定車「DS 3パフォーマンス」に試乗。ビジュアル系にして体育会系でもあるスペシャルDS 3が“意味するところ”、それは山道でわかるだろう。
  • 「シトロエンDS 60周年ミーティング」の会場から 2015.5.1 画像・写真 2015年4月26日、静岡県掛川市のヤマハリゾートつま恋で「シトロエンDS 60周年ミーティング」が開かれた。1955年のパリサロンで「DS」が衝撃的なデビューを飾ってから、今年でちょうど60年。それを記念してオーナー有志が企画したのがこのミーティングで、当日は27台のDSシリーズが集まった。シトロエンの記念ミーティングを写真で紹介する。
  • シトロエンDS3/DS3カブリオ 2014.5.23 画像・写真 マイナーチェンジを受けた「シトロエンDS3」を写真で紹介する。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 新デザインのヘッドランプを備えた「DS 3」登場 2015.2.4 自動車ニュース 見た目も安全装備も進化した「DS 3ニューライトシグネチャー」が登場。
ホームへ戻る