シトロエン、「DS3レーシング」を限定発売

2011.09.05 自動車ニュース
「シトロエンDS3 Racing」(ボディーカラー:ノアール・オプシディアン+オレンジ)
シトロエン、「DS3レーシング」を限定発売

シトロエン、「DS3レーシング」を限定発売

プジョー・シトロエン・ジャポンは2011年9月5日、「シトロエンDS3」のスペシャルチューンモデル、「DS3 Racing(レーシング)」の受注予約を開始した。

こちらは、ブラン・バンキーズ+グレーのボディーカラーのもの。
こちらは、ブラン・バンキーズ+グレーのボディーカラーのもの。
インテリアの様子。
インテリアの様子。
シトロエン、「DS3レーシング」を限定発売の画像

「DS3レーシング」は、WRC(世界ラリー選手権)で優れた成績を残す「シトロエン・レーシング」のエンジニアが開発を担当した、初めての市販モデルだ。2010年10月のパリモーターショーで世界限定1000台のリリースを発表。その後、各国マーケットからの強いリクエストを受け、今年2000台が追加生産がされることになった。日本には限定35台が輸入され、販売される。

パワートレインは、1.6リッターツインスクロールターボエンジン+6段MTの組み合わせ。「DS3スポーツシック」に搭載されるエンジンのターボチャージャーやコントロールユニット、エキゾーストなどに専用チューニングが施され、最高出力は156psから207psへと約33%アップ,最大トルクは24.5kgmから28.0kgmへと、約15%向上している。(各スペックは欧州仕様値)

足まわりは、車高を15mmローダウンすると共にトレッドを30mm拡大、さらに専用ダンパー&スプリングが採用される。足元には18インチアロイホイール+215/40R18タイヤを履き、ブレーキも専用4ピストンキャリパーと大径ディスクローターによって強化されている。

エクステリアはスポーティにドレスアップ。フロント&サイドスカートやフロント&リアフェンダー、リアバンパーアンダープロテクターなどにカーボンパーツを採用。また、専用のボディカラーコンビネーション(ノアール・オプシディアン+オレンジ、ブラン・バンキーズ+グレー)および、専用ステッカー(ルーフ、右フロントフェンダー、左右リアフェンダー)を装備する。さらにスペシャルなアイテムとして、フロントダブルシェブロン&グリル、ドアミラー、ホイールがルーフカラーと同色に塗られる。

インテリアも華やかな仕立てで、ステアリングホイールアクセント、インナードアハンドルベース、センターコンソールにカーボンパーツを装着。レザーのシフトノブがあしらわれ、ダッシュボードはルーフカラーと同色でコーディネートされる。

価格は360万円。右ハンドル車のみ35台が限定販売される。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC3エクスクルーシブ(FF/5AT)/DS3シック(FF/5AT)【試乗記】 2014.2.26 試乗記 プジョー・シトロエンがコンパクトカー用に開発した新パワーユニット「PureTech」。その1.2リッター3気筒エンジンと新トランスミッション「ETG5」を搭載した「シトロエンC3」と「シトロエンDS3」の走りを試した。
  • シトロエンDS3カブリオ スポーツシック(FF/6MT)【試乗記】 2013.10.6 試乗記 シトロエンのプレミアムコンパクト「DS3」に、セミオープンの「DS3カブリオ」が登場。ボディーの随所に散りばめられた、ダブルシェブロンの魅力とアイデンティティーに触れた。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • 「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ 2017.6.29 自動車ニュース ホンダがコンパクトカー「フィット」をマイナーチェンジ。運転支援システム「Honda SENSING」を新採用したほか、フロントマスクを刷新するなど内外装のデザインも変更している。燃費性能も改善しており、「ハイブリッド」グレードのFF車では37.2km/リッターを実現した。
ホームへ戻る