最上の「BMW 7シリーズ」が30台限定で登場

2017.10.10 自動車ニュース
「BMW 750Liインディビジュアルエディション」
「BMW 750Liインディビジュアルエディション」拡大

BMWジャパンは2017年10月10日、「BMW 7シリーズ」に特別仕様車「750Li Individual Edition(インディビジュアルエディション)」を設定し、30台の台数限定で発売した。

 
最上の「BMW 7シリーズ」が30台限定で登場の画像拡大
 
最上の「BMW 7シリーズ」が30台限定で登場の画像拡大
 
最上の「BMW 7シリーズ」が30台限定で登場の画像拡大
 
最上の「BMW 7シリーズ」が30台限定で登場の画像拡大

今回のインディビジュアルエディションは、4.4リッターV8ターボエンジンを搭載する「750Liエクセレンス」をベースに、BMW M社が提供するデザインプログラム、BMWインディビジュアルプログラムの内外装を採用した特別仕様車である。

ボディーカラーは、特殊な顔料を配合した塗料を何層にも塗り重ねることで、見る角度や光の強さによって独特な色彩変化を起こす3色をラインナップ。ダークブラックの色調の中に宝石のアズライト(藍銅鉱)のようなブルーのきらめきを放つ「アズライトブラック」、ルビー色の結晶がブラックメタリックの中に輝くことでダークレッドからダークバイオレットへと変化する「ルビーブラック」、そしてブルーグレーとゴールデンイエローの中間色で立体的な輝きが特徴のベース色に、無数の顔料を配合することでシルバーからゴールドへと変化する「ムーンストーン」から選択できる。

インテリアには、BMWインディビジュアルのフルレザーメリノおよびウッドのトリムを採用している。

装備面では、ダイヤモンドを使用したツイーターなど16個のスピーカーからなる、1400W、10チャンネルの「Bowers&Wilkinsダイヤモンドサラウンドサウンドシステム」や車内空気のイオン化およびフレグランス効果を楽しめる「アンビエイトエアパッケージ」を採用。さらに、「リアコンフォートパッケージプラス」も標準装備しており、サンルーフの室内側に夜空の映像を映し出せる「スカイラウンジパノラマガラスルーフ」、ステアリングホイールやリアアームレストを温める「ヒートコンフォートパッケージ」、さらに「リアマッサージシート」が備わる。

各ボディーカラーとも限定10台のみが用意され、価格は1955万円。

(webCG)

関連キーワード:
7シリーズBMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 740i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.1.25 試乗記 クルマを外から操作できる自動パーキングシステムや、手の動きだけで各種機能を操作できるインターフェイスなどの先進装備が話題となっている新型「BMW 7シリーズ」。しかし実際に試乗してみると、そうしたハイテクよりも注目に値するポイントが見えてきた。
  • 610psの「BMW M760Li xDrive」予約受注開始 2016.10.13 自動車ニュース BMWジャパンは2016年10月13日、BMWのフラッグシップセダン「7シリーズ」に新たな最上級モデル「M760Li xDrive」を追加し、同年10月から予約を受け付けると発表した。デリバリーの開始時期は2017年になる見込み。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • メルセデス・ベンツG550(4WD/9AT)/メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【試乗記】 2018.7.17 試乗記 今やアイコン的存在となっているメルセデス・ベンツのクロスカントリーモデル「Gクラス」。新設計のボディーやフロント独立懸架の足まわりを得て、劇的な進化を遂げたというニューモデルの出来栄えを、“オン”と“オフ”の両方で確かめた。
  • アストンマーティンDB11ヴォランテ(FR/8AT)【試乗記】 2018.7.13 試乗記 「アストンマーティンDB11ヴォランテ」に試乗した。その成り立ちを少々乱暴に表すならば、「V8クーペ」のオープントップモデル。しかしながらヴォランテは、クーペとも「V12」とも違う楽しみ方ができる、独自の魅力を備えたクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る