最上の「BMW 7シリーズ」が30台限定で登場

2017.10.10 自動車ニュース
「BMW 750Liインディビジュアルエディション」
「BMW 750Liインディビジュアルエディション」拡大

BMWジャパンは2017年10月10日、「BMW 7シリーズ」に特別仕様車「750Li Individual Edition(インディビジュアルエディション)」を設定し、30台の台数限定で発売した。

 
最上の「BMW 7シリーズ」が30台限定で登場の画像拡大
 
最上の「BMW 7シリーズ」が30台限定で登場の画像拡大
 
最上の「BMW 7シリーズ」が30台限定で登場の画像拡大
 
最上の「BMW 7シリーズ」が30台限定で登場の画像拡大

今回のインディビジュアルエディションは、4.4リッターV8ターボエンジンを搭載する「750Liエクセレンス」をベースに、BMW M社が提供するデザインプログラム、BMWインディビジュアルプログラムの内外装を採用した特別仕様車である。

ボディーカラーは、特殊な顔料を配合した塗料を何層にも塗り重ねることで、見る角度や光の強さによって独特な色彩変化を起こす3色をラインナップ。ダークブラックの色調の中に宝石のアズライト(藍銅鉱)のようなブルーのきらめきを放つ「アズライトブラック」、ルビー色の結晶がブラックメタリックの中に輝くことでダークレッドからダークバイオレットへと変化する「ルビーブラック」、そしてブルーグレーとゴールデンイエローの中間色で立体的な輝きが特徴のベース色に、無数の顔料を配合することでシルバーからゴールドへと変化する「ムーンストーン」から選択できる。

インテリアには、BMWインディビジュアルのフルレザーメリノおよびウッドのトリムを採用している。

装備面では、ダイヤモンドを使用したツイーターなど16個のスピーカーからなる、1400W、10チャンネルの「Bowers&Wilkinsダイヤモンドサラウンドサウンドシステム」や車内空気のイオン化およびフレグランス効果を楽しめる「アンビエイトエアパッケージ」を採用。さらに、「リアコンフォートパッケージプラス」も標準装備しており、サンルーフの室内側に夜空の映像を映し出せる「スカイラウンジパノラマガラスルーフ」、ステアリングホイールやリアアームレストを温める「ヒートコンフォートパッケージ」、さらに「リアマッサージシート」が備わる。

各ボディーカラーとも限定10台のみが用意され、価格は1955万円。

(webCG)

関連キーワード:
7シリーズBMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 740i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.1.25 試乗記 クルマを外から操作できる自動パーキングシステムや、手の動きだけで各種機能を操作できるインターフェイスなどの先進装備が話題となっている新型「BMW 7シリーズ」。しかし実際に試乗してみると、そうしたハイテクよりも注目に値するポイントが見えてきた。
  • BMW 740i(FR/8AT)【レビュー】 2015.11.25 試乗記 新機軸を満載して攻めの姿勢を見せる新型「BMW 7シリーズ」。果たして「駆けぬける歓び」は守れたのだろうか。7シリーズのラインナップで最もベーシックな位置付けの「740i」に試乗した。
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.11 試乗記 メルセデスのフラッグシップセダン「Sクラス」に、高効率を追求した直6エンジン搭載モデル「S450」が登場。試乗してみると、その走りは意外なほど、運転好きなドライバーを満足させてくれる楽しみに満ちたものだった。
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ/S560 4MATICロング【試乗記】 2018.3.27 試乗記 話題の新型直列6気筒エンジンを搭載する「メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ」に試乗。20年ぶりに帰ってきた直6は、ISGと48V電気システムという新機軸を得て、懐かしくも新しい仕上がりを誇っていた。
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
ホームへ戻る