第450回:総勢500台のマシンが富士に集結
創業40周年を祝うNICOLE Circuit Dayをリポート

2017.10.12 エディターから一言
「NICOLE Circuit Day」のサーキットランの様子。BMWアルピナに限らず、さまざまなモデルが参加した。
「NICOLE Circuit Day」のサーキットランの様子。BMWアルピナに限らず、さまざまなモデルが参加した。

BMWアルピナをはじめとした欧州のプレミアムカーを取り扱うニコル・レーシング・ジャパン。同社が主催するサーキットイベント「NICOLE Circuit Day」が富士スピードウェイで開催された。創業40周年という、記念すべき年に催されたイベントの様子を報告する。

5年に1度行われる「NICOLE Circuit Day」。今回はニコル・レーシング・ジャパンの創立40周年という記念すべき年の開催となった。
5年に1度行われる「NICOLE Circuit Day」。今回はニコル・レーシング・ジャパンの創立40周年という記念すべき年の開催となった。
会場となった富士スピードウェイのパドックの様子。参加車両は総勢500台にのぼった。
会場となった富士スピードウェイのパドックの様子。参加車両は総勢500台にのぼった。
BMWアルピナといえばブルーやグリーンが定番だが、この日は他にもさまざまな色の車両が見受けられた。
BMWアルピナといえばブルーやグリーンが定番だが、この日は他にもさまざまな色の車両が見受けられた。
ニコル・グループではBMWアルピナのほかにもさまざまなブランドを取り扱っている。写真はサーキットを走る「フェラーリ458イタリア」。
ニコル・グループではBMWアルピナのほかにもさまざまなブランドを取り扱っている。写真はサーキットを走る「フェラーリ458イタリア」。

アルピナはもちろん、ロールスやフェラーリも集合

心地よい秋晴れの一日となった9月30日、ドイツ・アルピナ社のインポーターであるニコル・オートモビルズで知られるニコル・グループ主催のサーキットイベント、NICOLE Circuit Dayが富士スピードウェイで行われた。

5年に1回のペースで実施されている同イベントだが、今回はニコル・グループの主幹会社であるニコル・レーシング・ジャパンの創立40周年を記念したお祝いでもある。参加車両は、BMWアルピナを中心に、ニコルが展開する輸入車ディーラーで取り扱うBMW、MINI、ロールス・ロイス、フェラーリなど総勢500台が集結。参加者は1000人にものぼった。

やはり最も台数が多いのは、日本各地から集結したBMWアルピナたち。パドック前の駐車スペースに新旧さまざまなアルピナが並ぶ姿がまさに圧巻だった。中にはBMWとしても希少な存在であるZ8をベースにした“ロードスターV8”などの珍しいモデルの姿もチラホラ。ボディーカラーにおいても定番のアルピナブルーやアルピナグリーンに限らず、珍しい色も見受けられ、参加者たちの駐車エリアを眺めているだけでも十分ワクワクさせるものがあった。アルピナ以外でも、BMWのMモデルや「フェラーリF40」など、特に走りを意識させるモデルたちが多く顔をそろえていた。

あなたにおすすめの記事
新着記事