クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ヤマハXSR900(MR/6MT)

楽しみ方はさまざま 2017.10.14 試乗記 “ザ・パフォーマンス・レトロスター”をコンセプトに開発された、ヤマハの大型バイク「XSR900」に試乗。既存の車種の枠を超え、新しい価値を提供するとうたわれる、ニューモデルの走りを報告する。

心をゆさぶる3気筒

ヤマハは最近、いろいろなことにチャレンジしている。その中のひとつが3気筒エンジンだ。4気筒にはない低中速のトルクを生かし、独特のワイルドなエンジンフィーリングと排気音でライダーを魅了する。3気筒を搭載した最初のロードスポーツ「MT-09」は、個性的なロードスポーツとして人気になった。このMT-09をベースとした新しいラインナップがXSR900。ヤマハ初の4ストロークマシン「XS1」をデザインのモチーフとしてアメリカ在住のコンストラクター木村信也氏とヤマハとのコラボで生まれた。木村氏は海外でも絶大な人気を誇るカスタムビルダーで、これまでも数々の話題作を発表してきている人物である。

正直な話、XSR900からXS1のイメージはまったく感じられないのだが、レトロな雰囲気が実に上手に感じられるようになっている。このマシンにヤマハの名車「RZ250」などのペイントを施した外装セットも用意されていて、これが見事なまでに似合う。これも木村氏が70年代イメージを取り入れることに成功したからにほかならない。

このマシン、エンジンを始動した瞬間に3気筒の迫力あるサウンドに包まれる。ひたすらスムーズな4気筒とは異なり、一回一回の爆発が細かいパルスとなって体に響く。そして回転が上がっていくとひときわ甲高くなり、体の芯を突き抜けいくような素晴らしくエキサイティングな排気音となる。

4気筒のようにどこまでも回っていくような高回転での伸びはないけれど、サーキットならともかくストリートで楽しむのであればXSRでもまったく不足はない。「ストリートで900ccのおいしい部分を現実的に楽しもうとしたら4気筒よりも3気筒だよな」とこのマシンで走りだすと思う。

素材感に強いこだわりが見られる「XSR900」。タンクカバー(写真)やリアフェンダーにはアルミニウムのプレス材が採用されている。
素材感に強いこだわりが見られる「XSR900」。タンクカバー(写真)やリアフェンダーにはアルミニウムのプレス材が採用されている。拡大
845cc 3気筒エンジン。豊かな中低速のトルクや、勇ましいエンジン音が特徴とされる。
845cc 3気筒エンジン。豊かな中低速のトルクや、勇ましいエンジン音が特徴とされる。拡大
サークル形状のコンパクトなデジタルメーター。伝統と先進性の融合が表現されている。
サークル形状のコンパクトなデジタルメーター。伝統と先進性の融合が表現されている。拡大

「XSR900」には、安全に高性能を楽しむ機能として、「トラクションコントロールシステム」や「アシスト&スリッパークラッチ」が標準装備される。


	「XSR900」には、安全に高性能を楽しむ機能として、「トラクションコントロールシステム」や「アシスト&スリッパークラッチ」が標準装備される。
	拡大
全長の短いマフラー。特徴的なデザインが、往年のカフェレーサーを思わせる。
全長の短いマフラー。特徴的なデザインが、往年のカフェレーサーを思わせる。拡大
注目の記事PR
  • だから「N-BOX」は売れる! 日帰りドライブでわかった注目すべき長所をリポートする。
    だから「N-BOX」は売れる! 日帰りドライブでわかった注目すべき長所をリポートする。 ホンダカーズ東京中央
注目の記事一覧へ
「XSR900」は、「D-MODE」と名付けられた走行モード切替システムを搭載。ライダーの好みに応じて3つのエンジン特性が選択できる。
「XSR900」は、「D-MODE」と名付けられた走行モード切替システムを搭載。ライダーの好みに応じて3つのエンジン特性が選択できる。拡大
フロントブレーキは、対向4ピストンのキャリパーと298mm径のディスクで構成される。ABSも備わる。
フロントブレーキは、対向4ピストンのキャリパーと298mm径のディスクで構成される。ABSも備わる。拡大
リアは、LEDのブレーキランプが目を引く。バーガンディーのシートも個性的なディテールのひとつ。
リアは、LEDのブレーキランプが目を引く。バーガンディーのシートも個性的なディテールのひとつ。拡大
「XSR900」には、盗難を抑止するイモビライザーが搭載される。
「XSR900」には、盗難を抑止するイモビライザーが搭載される。拡大

個性の中に癖もある

ハンドリングは個人的には70点というところ。実を言うとこのベースとなったMT-09はかなり個性的なハンドリングだった。バイクはバンクさせるとステアリングが自然に切れていってバランスする。ところがMT-09はフロントタイヤの動きが自然でなく、バンクさせると切れ込んでいってしまったのである。

こうなるとライダーが自分の手でステアリングを抑えないといけなくなるからどうしても安定しない。筆者はどうすれば楽しく操ることができるのかサッパリわからなかった。同じように感じる人も他にいたし某サスメーカーの人も「何を目指しているのか分からずサスの開発が難しい」とぼやいていたことがあった。

もしかするとヤマハもやりすぎだと思ったのか、XSRでは車体やエンジンがMT-09と同じなのにずいぶん癖のないセッティングになっている。ただ、以前の傾向は完璧になくなったわけではない。ストリートで走らせると、フロントまわりの動きに神経質な筆者のようなライダーは若干の違和感を覚えてしまう。

これに関してはたぶん「気にならない」という人の方が多いと思うのだけれど今回同時に試乗したBMWがステアリングの動きが素晴らしかったこともあって、乗り換えるとどうしても「あとちょっと」と言いたくなってしまったのである。ちなみに以前サーキットで走った時、ブレーキをかけながらコーナーに進入していく乗り方をしたらずいぶん印象が変わったのだが、ストリートを普通に走る時は、そんなコントロールの仕方をしない方が多いはずだ。

とまあMT-09以来うたぐり深くなっていることもあってハンドリングに関してはそんな印象なのだけれど、総合的に見てみると、いまラインナップされているリッタークラスの国産ロードスポーツとしては相当に魅力的である。個性的で美しいデザインだし、往年の名車の外装に交換して楽しむこともできる。3気筒エンジンはストリートやツーリングでも扱いやすくて楽しい。非常に趣味性の高いオートバイなのである。

(文=後藤 武/写真=三浦孝明/編集=関 顕也)

 
ヤマハXSR900(MR/6MT)【レビュー】の画像拡大
 
ヤマハXSR900(MR/6MT)【レビュー】の画像拡大

【スペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=2075×815×1140mm
ホイールベース:1440mm
シート高:830mm
重量:195kg
エンジン:845cc 空冷4ストローク 直列3気筒 DOHC 4バルブ
最高出力:116ps(85kW)/1万rpm
最大トルク:87Nm(8.9kgm)/8500rpm
トランスミッション:6段MT
燃費:19.7km/リッター(WMTCモード)
価格:104万2200円

関連キーワード:
XSR900ヤマハバイク試乗記

あなたにおすすめの記事
この記事を読んだ人が他に読んだ記事