第157回:パリの年齢差カップルはA8の中で沈黙する
『静かなふたり』

2017.10.13 読んでますカー、観てますカー

これぞ、フランス映画

洋画といえばハリウッドものという構図が出来上がったのはいつごろからだろうか。かつてアメリカ映画と同じくらいの存在感を誇っていたのがフランス映画である。戦前にはジャン・ルノワールやルネ・クレールといった巨匠たちの作品が称賛されていたし、1960年代にはジャン=リュック・ゴダールやフランソワ・トリュフォーらによるヌーヴェル・ヴァーグがもてはやされた。男優ならばアラン・ドロン、ジャン=ポール・ベルモンドなど、女優ではカトリーヌ・ドヌーヴ、ブリジット・バルドーと、いくらでも名前が出てくる。

もちろん、日本では今でもフランス映画は公開されている。今年で言えば、話題を呼んだのが『エル Elle』である。イザベル・ユペールが主演するエロティックサスペンスで、暴力と性の生々しい描き方に評価は真っ二つに分かれた。フランスを代表するユペールの演技が絶賛されたものの、監督はハリウッドで成功を収めたオランダ出身のポール・ヴァーホーヴェンである。問題作ではあるが、いかにもフランス映画という作りではない。

9月30日から公開された『エタニティ 永遠の花たちへ』は、19世紀末から数十年にわたってフランスの裕福な家族がたどる運命を描いた作品である。上流階級の華やかな生活が流麗な映像でとらえられている。フランス趣味全開ではあるのだが、全編を通してなぜかスクリーンに湿気が漂う。監督は『青いパパイヤの香り』のトラン・アン・ユンで、ベトナム生まれという出自が漏れ出してしまうのだ。

どちらも優れた作品だったが、フランス映画らしいフランス映画を見たいという欲求には応えられない。もっともっと濃いフランス映画の香りをかぎたいという望みをかなえてくれるのが『静かなふたり』である。

©KinoEletron - Reborn Production - Mikino – 2016
©KinoEletron - Reborn Production - Mikino – 2016
 
第157回:パリの年齢差カップルはA8の中で沈黙する『静かなふたり』の画像
©KinoEletron - Reborn Production - Mikino – 2016
©KinoEletron - Reborn Production - Mikino – 2016
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事