いよいよシーズン到来!
最新スタッドレスタイヤのトレンドは?

2017.10.13 デイリーコラム

ミクロレベルで働くタイヤ

北国からは、早くも初降雪のニュースがちらほら。となると気になるのが「クルマの冬支度」。ひと昔前のように冷却水の不凍液濃度を気にする必要はほとんどなくなった一方で、今も気にしなければならないのが冬用タイヤへの履き替えだ。

年配の人の中には、「何だか最近の冬用タイヤは見た目が頼りないな」と感じる人もいるはず。そう、いまどきの冬タイヤのトレッドパターンは、昔に比べると“ゴツさ”が影を潜めている。その違いこそ、冬用タイヤが「スノータイヤ」から「スタッドレスタイヤ」になったことによる変化だ。スノータイヤのトレッド面に打ち込まれた金属製のびょう(スパイク)が氷に食い込んで物理的なグリップ力を発生させていた1980年代までのスパイクタイヤに対し、日本では1982年に登場したスタッドレスタイヤは、特に氷上でのグリップ力の発生原理がまったく異なっているのである。

実は、歩けば靴の跡がハッキリ残るような新雪上では、グリップ力を発揮するためにトレッドパターンが決め手になるのは変わらない。昔よりおとなしくなったとはいえ、夏用タイヤと比べればゴツいパターンを採用しているのは、見比べればすぐに分かるだろう。

ちなみにそんな新雪状態に限れば、夏用タイヤでも意外に走れてしまったりする。けれども、その上をクルマが1台通っただけでも、路面は硬く締まった文字通りの圧雪状態へと変化するし、直射日光で溶けだした雪も夜になればたちまちアイスバーンと化す。こうなると、夏用タイヤでは手も足も出ない。降雪の中を「まだ走れるから」と出掛けるのは極めて危険だし、愚の骨頂の行為なのだ。

その点、スタッドレスタイヤの考え方は、「凍った路面上でのグリップ力は、低温でも硬くならないゴムを使って、氷の上面の目に見えないほど細かな“ミクロの凹凸”を包み込むことで発生させる」というものだ。

冬季、雪や氷に覆われた道で活躍するスタッドレスタイヤ。写真は2017年9月に発売された、横浜ゴムの新製品「アイスガードiG60」。
冬季、雪や氷に覆われた道で活躍するスタッドレスタイヤ。写真は2017年9月に発売された、横浜ゴムの新製品「アイスガードiG60」。
スタッドレスタイヤの多くは、左右非対称なトレッドパターンが採用されている。イン側は氷上でのグリップ力を高め、アウト側は雪上でのトラクション性能を確保するなど、部分的に特性が異なる。
スタッドレスタイヤの多くは、左右非対称なトレッドパターンが採用されている。イン側は氷上でのグリップ力を高め、アウト側は雪上でのトラクション性能を確保するなど、部分的に特性が異なる。
あなたにおすすめの記事
新着記事