シトロエンの新型クロスオーバー「DS4」発売

2011.09.05 自動車ニュース
「シトロエンDS4」
シトロエンの新型クロスオーバー「DS4」発売

シトロエンの新型クロスオーバー「DS4」発売

プジョー・シトロエン・ジャポンは2011年9月5日、5ドアハッチバックのニューモデル「シトロエンDS4」を発表した。9月28日に販売を開始する。

フロントウィンドウ上部のサンバイザーは、後方に13cmスライドさせ、頭上近くまで開放感を味わうこともできる。
フロントウィンドウ上部のサンバイザーは、後方に13cmスライドさせ、頭上近くまで開放感を味わうこともできる。
シトロエンの新型クロスオーバー「DS4」発売の画像

■トール&コンパクト

2010年のパリサロンで初めてお披露目された「シトロエンDS4」は、同セグメントの5ドアハッチバック「C4」とシャシーを共用するクロスオーバーモデルだ。シトロエンのプレミアムライン「DS」シリーズとしては、「DS3」に続く第2弾となる。
欧州では2011年5月から販売がスタートしており、日本ではベーシックな「Chic(シック)」と上級「Sport Chic(スポーツシック」の2グレードで、9月28日に発売される。

SUVのように高めの車高を持ちながら、クーペのようなボディラインが与えられたDS4のディメンションは、全長×全幅×全高=4275×1810×1535mm。オーソドックスなスタイルのC4に比して、55mm短く、20mm幅広く、45mm高い。
エクステリアでは、ダブルシェブロンを頂点に大きく開いたフロントグリルや、力強く描かれたボディサイドのラインなどが特徴的。サイドウィンドウ内にリアドアのノブを配置することで、サイドビューは2ドアクーペのようなスタイルが演出されている。
インテリアは、スポーティさに加え上質さも追求された。ダッシュボードに柔らかな手触りの「スラッシュスキン」を採用。ステッチの仕上げやエンボス加工には、宝飾品や皮革製品、時計製造行程におけるノウハウが盛り込まれたという。前席は、スポーティモデルらしくバケットタイプのシートが付与された。

シート地は「シック」がレザーとファブリックのコンビ、「スポーツシック」がレザーとなる。オプションの「Pack Perso(パックペルソ)」を選ぶと、ツートンカラーのレザーシート(写真)が装着される。
シート地は「シック」がレザーとファブリックのコンビ、「スポーツシック」がレザーとなる。オプションの「Pack Perso(パックペルソ)」を選ぶと、ツートンカラーのレザーシート(写真)が装着される。

シトロエンの新型クロスオーバー「DS4」発売の画像
後席は6:4の分割可倒式。ラゲッジルーム容量は通常時で370リッター(VDA法)を確保する。
後席は6:4の分割可倒式。ラゲッジルーム容量は通常時で370リッター(VDA法)を確保する。

■充実の安全装備

両グレードともに1.6リッターターボエンジンを搭載するが、チューニングおよびトランスミッションの設定が異なる。「シック」では156psと24.5kgmを発生するエンジンに、2ペダルMTとなる6段のEGS(エレクトロニックギアボックスシステム)が組み合わされる。対して「スポーツシック」では、200psと28.0kgmを発生するハイチューンユニット+6段MTの組み合わせとなる。
サスペンションは、前マクファーソンストラット式、後トーションビーム式を採用。形式はC4と同じだが、よりスポーティなチューニングが施されているという。タイヤ&ホイールサイズはシックが17インチ、スポーツシックが18インチとなる。

安全装備はグレードを問わず共通のものが与えられる。ESPや6エアバッグをはじめ、死角(左右後方)の車両をセンサーで検知してドアミラー内のランプで知らせる「ブラインドスポットモニターシステム」や、坂道発進をサポートする「ヒルスタートアシスタンス」のほか、「パーキングスペースセンサー」「インテリジェント・トラクションコントロール」など充実した装備内容となっている。

価格は「DS4シック」が309万円、「DS4スポーツシック」が345万円。ともに右ハンドル仕様のみが用意される。

(webCG 本諏訪)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • シトロエン、「C3」をフルモデルチェンジ 2017.7.7 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2017年7月7日、新型「シトロエンC3」を発表し、同日発売した。1.2リッター直3ガソリンターボ(110ps、205Nm)+6段ATのみの設定で、ハンドル位置は右。車両価格は216万円から。
  • フルモデルチェンジしたカムリを知る 2017.7.11 ALL NEW CAMRY DEBUT <PR> 世界中で愛されてきたトヨタのグローバルセダン「カムリ」。官能的なスタイリングと優れた走行性能、先進の安全性能を併せ持つ、最新モデルがデビューした。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
ホームへ戻る