谷口信輝の新車試乗――アウディR8スパイダーV10 5.2 FSIクワトロ(後編)

2017.10.12 mobileCG

レーシングドライバーの谷口信輝が本音でクルマを語り尽くす! 今回も「アウディR8スパイダー」に試乗する。谷口をして弱点が見当たらないと言わしめたR8スパイダーだが、兄弟モデルというべき「ランボルギーニ・ウラカン」と比べるとどうなのか。谷口が熱く語る!

 
谷口信輝の新車試乗――アウディR8スパイダーV10 5.2 FSIクワトロ(後編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――アウディR8スパイダーV10 5.2 FSIクワトロ(後編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――アウディR8スパイダーV10 5.2 FSIクワトロ(後編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――アウディR8スパイダーV10 5.2 FSIクワトロ(後編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――アウディR8スパイダーV10 5.2 FSIクワトロ(後編)の画像拡大

気負わずに乗れるスーパースポーツカー

先日、たまたま取材でアウディR8とランボルギーニ・ウラカンを乗り比べる機会があった。ワインディングロードで飛ばすと、コーナリング性能のより高いウラカンの楽しさはやはり格別で、コントロール性の高さと相まってクルマとの強い一体感を味わえた。

いっぽうのR8は、限界的なコーナリング性能ではウラカンに一歩譲るものの、それでも前編で谷口信輝が指摘したとおり圧倒的なグリップ感と俊敏な回頭性を味わえて、やはり楽しい。でも、R8の真骨頂は、ウラカンに匹敵するコーナリング性能を備えていながら市街地走行でもバツグンに快適で扱いやすい点にある。ウラカンもかつてのスーパースポーツカーに比べれば、こうした領域での快適性やドライバビリティーは傑出して優れているけれど、さすがにR8にはかなわない。

要は、限界的コーナリング性能を少しだけ削って快適性とドライバビリティーを格段に向上させたのがR8で、これとは対照的にわずかな快適性やドライバビリティーと引き替えに限界的コーナリング性能をより突き詰めたのがウラカンといえるわけだ。

谷口にこの話をしたところ「限界的なコーナリング性能でどっちが勝ったとか負けたとか、正直、どうでもいいと思うんですよ。もしも本当にそんな勝負をしたら、基本的にはクルマの性能じゃなくてドライバーの腕で勝負がつくはずですから……」という答えが返ってきた。谷口の言い分はもっともだ。では、どのような基準でR8とウラカンを選んだらいいのか?

「ウラカンを買うのは、とにかく自分がスーパーカーに乗っているという実感が欲しい人でしょ。でも、それだけに、乗り込むときは心の回転数を上げておかないといけない。ヘリコプターを飛ばすときは、周りの人に迷惑料を支払わないといけないっていうウソとも本当ともつかない話を聞いたことがあるけれど、ウラカンだってエンジンを掛けるときは周囲の人のことをある程度、気遣わないといけないですよね」(続く)

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹/編集=竹下元太郎)

この記事は会員限定公開です。モバイル版webCGにてプレミアム会員(有料)に登録すると、続きをお読みいただけます。

【アクセス方法】

◇スマートフォンサイト◇

ブラウザのURL欄に「https://www.webcg.net」と入力するか、左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

【初月無料キャンペーン実施中!】
クレジットカードでの初回登録に限り、ご契約いただいた日からその月の末日まで、無料でご利用いただけます。
»詳しくはこちら

◇ケータイサイト◇

左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

関連キーワード:
R8スパイダーアウディ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディR8スパイダーV10 5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.8.23 試乗記 フルモデルチェンジで2代目となった「R8スパイダー」に試乗。自然吸気のV10エンジンを搭載するアウディの最上級オープンはどんな走りを見せるのか。先代との比較を交えつつ、その印象を報告する。
  • MINIクーパー 3ドア(FF/7AT)【試乗記】 2018.6.22 試乗記 マイナーチェンジを受けたMINIに試乗。お化粧直しもさることながら、今回の改良の“キモ”となるのはガソリンエンジンを搭載する主要モデルへの、デュアルクラッチ式トランスミッションの採用。新たなアイテムを得てMINIのキャラクターはどう変化した?
  • アストンマーティンDB11 AMRシグネチャーエディション(FR/8AT)【海外試乗記】 2018.6.12 試乗記 12気筒エンジンを搭載する「アストンマーティンDB11」をベースに開発された、高性能モデル「DB11 AMR」に試乗。足まわりやパワートレインのチューニングは大掛かりではないものの、その走りは、オリジナルとは大きく異なるものだった。
  • アストンマーティンDB11ヴォランテ(FR/8AT)【試乗記】 2018.7.13 試乗記 「アストンマーティンDB11ヴォランテ」に試乗した。その成り立ちを少々乱暴に表すならば、「V8クーペ」のオープントップモデル。しかしながらヴォランテは、クーペとも「V12」とも違う楽しみ方ができる、独自の魅力を備えたクルマに仕上がっていた。
  • ジャガーIペース ファーストエディション/Iペース HSE EV400 AWD【海外試乗記】 2018.7.3 試乗記 “エレクトリック・パフォーマンスSUV”を名乗る、ジャガーのピュアEV「Iペース」にポルトガルで試乗。その走りは、これまで経験してきたEVとはひと味違った、ジャガーならではの素性のよさが感じられるものだった。
ホームへ戻る