気分はF1レーサー!? 「ルノー・カングー」に特別仕様車が登場

2017.10.12 自動車ニュース
「ルノー・カングー フォーミュラエディション」とF1ドライバーのニコ・ヒュルケンベルグ。
「ルノー・カングー フォーミュラエディション」とF1ドライバーのニコ・ヒュルケンベルグ。拡大

ルノー・ジャポンは2017年10月12日、「カングー」に特別仕様車「フォーミュラエディション」を設定し、販売を開始した。

 
気分はF1レーサー!? 「ルノー・カングー」に特別仕様車が登場の画像拡大
 
気分はF1レーサー!? 「ルノー・カングー」に特別仕様車が登場の画像拡大
 
気分はF1レーサー!? 「ルノー・カングー」に特別仕様車が登場の画像拡大

今回の特別仕様車は「ゼンEDC」をベースとした30台の限定モデルであり、2017年シーズンのルノーのF1マシンをほうふつとさせる、ブラックとイエローのカラーコーディネートを特徴としている。ルノーは1977年にF1世界選手権への参戦を開始しており、今年は40周年の節目に当たる。

具体的な仕様は以下の通り。

  • 専用ボディーカラー(ノワール メタルM+ジョン シリウスM<フロントブレード、フロントフォグランプトリム>)
  • ブラック ルノーロゴ
  • 専用サイドストライプ
  • 15インチブラックアロイホイール+イエローセンターキャップ
  • ブリリアントブラック センタークラスター

価格は269万円。なお、販売に際しては10月12日から16日まで申し込みを受け付け、抽選を行うとしている。

(webCG)
 

関連キーワード:
カングールノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 RRのコンパクトハッチバック「ルノー・トゥインゴ」に、高性能モデルの「GT」が登場! 長らくフランス車を愛好してきた“エンスー”の目に、その走りはどのように映ったのか? 動力性能だけでは語り尽くせない、その魅力をリポートする。
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール18 2018.4.24 画像・写真 F1マシンをモチーフにしたカラーリングが特徴で、F1マシンと同じモデル名を冠した「ルノー・ルーテシア ルノースポール18」。5月に正式発表される限定モデルのディテールを、写真で紹介する。
  • 「ルーテシア ルノースポール」に黒いボディーが魅力の限定車 2018.4.23 自動車ニュース ルノー・ジャポンが特別仕様車「ルーテシア ルノースポール18」をファン向けに公開。ベースとなったのは「ルノースポール トロフィー」で、ブラックアウトされたボディーなどが特徴となっている。詳細や価格などは5月の正式発表でアナウンスされる。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール トロフィー(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.30 試乗記 走行性能に磨きをかけたルノーのホットハッチ「ルーテシアR.S.トロフィー」。その実力を探るべく、レーシングドライバーの谷口信輝が筑波サーキットで試乗した。ライバル車との乗り比べを交え、走りの特徴を報告する。
ホームへ戻る