ジャガーが「XJ」の2018年モデルを日本に導入

2017.10.13 自動車ニュース
「ジャガーXJR575」(以下、写真はすべてXJR575のもの)
「ジャガーXJR575」(以下、写真はすべてXJR575のもの)拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年10月13日、ジャガーブランドのフラッグシップサルーン「XJ」の2018年モデルを発表し、受注を開始した。

 
ジャガーが「XJ」の2018年モデルを日本に導入の画像拡大
 
ジャガーが「XJ」の2018年モデルを日本に導入の画像拡大
 
ジャガーが「XJ」の2018年モデルを日本に導入の画像拡大
 
ジャガーが「XJ」の2018年モデルを日本に導入の画像拡大
 
ジャガーが「XJ」の2018年モデルを日本に導入の画像拡大
 
ジャガーが「XJ」の2018年モデルを日本に導入の画像拡大

最もパワフルな新グレード「XJR575」

ジャガーXJの2018年モデルでは、新たに「XJR575」をラインナップに追加した。XJR575は最高出力575ps、最大トルク700Nm、0-100km/h加速4.4秒というスペックを誇る、“XJ史上最もパワフル”な新グレードで、内外装ともに専用のデザインを多数採用している。

また装備の強化も図っており、従来モデル(8インチ)よりも大型の10.2インチ静電式タッチスクリーンで操作するインフォテインメントシステム「Touch Pro」にInControlの通信機能を備えたプロテクトを標準装備化。緊急時にはスマートロードサイドアシスタンスやSOS緊急コールが利用できる。コネクティビティー機能も強化しており、通信が4G対応に。また、最大8台の機器を接続することができるWi-Fiホットスポットによる高速インターネット環境もオプションで用意している。

さらに、レーンデパーチャーウォーニング(車線逸脱警告)、レーンキープアシスト、ドライバーの疲れを検知するとアラートを発して休息を促すドライバーコンディションモニターなどの安全機能を全グレードに標準装備。快適性や安全性のさらなる向上を図った。

ラインナップは、2リッター直4エンジンモデルがカタログ落ちし、3リッターV6スーパーチャージド・ガソリンエンジンと5リッターV8スーパーチャージド・ガソリンエンジンの出力違いの計3種類に集約。グレード体系は全6機種展開となっている。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • XJラグジュアリー(3リッターV6スーパーチャージド/340ps/450Nm):1149万円
  • XJプレミアムラグジュアリー(3リッターV 6スーパーチャージド/340ps/450Nm):1253万円
  • XJポートフォリオ(3リッターV6スーパーチャージド/340ps/450Nm)1403万円
  • XJ Rスポーツ(3リッターV6スーパーチャージド/340ps/450Nm):1434万円
  • XJR575(5リッターV8スーパーチャージド/575ps/700Nm):1887万円
  • XJオートバイオグラフィー ロングホイールベース(5リッターV8スーパーチャージド/510ps/625Nm):2069万円

(webCG)

関連キーワード:
XJジャガー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る