新型HV「トヨタ・カムリ」デビュー

2011.09.05 自動車ニュース
「カムリ ハイブリッド“レザーパッケージ”」
新型「トヨタ・カムリ」デビュー

新型HV「トヨタ・カムリ」デビュー

トヨタ自動車は2011年9月5日、ミドル級セダン「カムリ」の新型を発売した。

運転席まわりの様子。インストゥルメントパネル表面にソフトな素材をあてがうなどして、高級感を演出したという。
新型「トヨタ・カムリ」デビュー
メーターは、中央に速度計、左にハイブリッドシステムインジケーター、右に燃費計が配される。いずれもアナログ調である。
新型「トヨタ・カムリ」デビュー

■ハイブリッド、一本やり

始祖とされる「セリカカムリ」(1980年)から数えて9代目、純粋な「カムリ」としては8代目となる新型が、日本国内でデビューを飾った。先代モデルの登場からは、6年半ぶりのフルモデルチェンジである。

デザインやパッケージングが改められた――のはさておいて、最新型で注目されるのは、「ラインナップがハイブリッドモデルだけになった」こと。メインマーケットの北米など海外市場と異なり、新型「トヨタ・カムリ」の“通常の”ガソリンエンジン車は、国内では販売されない。
というのもカムリはここ10年以上、海外では人気車種であるものの、セダン市場の縮小が進む日本での反応がいまひとつ。これらやや大きめなセダンに対するニーズはあっても、「どうしても燃費が気になる」「サイズに見合った高級感や特別感がほしい」といった懸念ばかりが先に立つ……そんな日本市場に対する答えが、今回の“ハイブリッド一本化”なのだという。

かようなカムリのグレードは、下から「カムリ ハイブリッド」(304万円)、「カムリ ハイブリッド“Gパッケージ”」(317万円)、「カムリ ハイブリッド“レザーパッケージ”」(380万円)の3種類。月間の目標販売台数は500台となっている。

前傾姿勢が強調されるサイドビュー。力強さとクリーンさを表現したという。
新型「トヨタ・カムリ」デビュー
後席は、先代モデルより膝まわりの空間が広くなった。写真手前の吸気口は、背後に収まるニッケル水素バッテリーを冷却するためのもの。
新型「トヨタ・カムリ」デビュー
開口部が大きく取られたトランクルーム。後席右側を倒すことでキャビンとつなげられ(写真右奥)、長尺物にも対応する。
新型「トヨタ・カムリ」デビュー

■変わらぬサイズでさらに広く

トヨタのラインナップのなかで、長年“ミドル級セダンの王道”とされてきた「カムリ」。その伝統を引き継ぐ新型も、ボディーサイズは全長×全幅×全高=4825(+10)×1825(+5)×1470(+0)mmと、先代モデルからほぼ据え置きとされた(カッコ内は先代モデル比)。ホイールベースは全く同じで、2775mm。基本的にこれまでと同じプラットフォームが用いられている。

そのうえで、ワイド感を強調するグリルやヘッドランプ、さらにボディー全体を前傾姿勢に見せるルーフラインやショルダーラインを採用。これまでにない存在感と躍動感を表現したという。
見た目だけでなく、サイドミラー部に気流を発生させるフィンを設けたり、ボディの四隅を平らに整えたりと、Cd値=0.28の優れた空力特性を備えるのも自慢である。

一方インテリアは、寸法上の変化が大きい。ダッシュボードからセンターコンソールにかけてのデザインはこれまでと大きくイメージを違えるものではないが、パッケージングそのものが見直され、後席のニールームは46mmも拡大された。
さらに、乗員がより開放感を感じられるように、Aピラーから天井にかけての形状も変更。遮音ガラスやノイズを抑えるフェンダー、防音構造のダッシュボードなどで静粛性も追求された。

トランクルームの容量は、後席の後ろに大きなバッテリーを積むハイブリッドカーとしては大きめの440リッターを確保。後席の右側のみ背もたれを前方に倒すことが可能で、トランクルームとキャビンを空間的につなげられる。長尺物が積めるというのも、例えば同車のハイブリッドセダン「レクサスHS250h」(トランク容量415リッター/後席固定)に比べて、大きなアドバンテージといえる。

2.5リッターガソリンエンジンにモーターを組み合わせる新型「カムリ」の心臓部。システム全体で205psの最高出力を発生する。
新型「トヨタ・カムリ」デビュー
リアビューは、ワイド感と安定感を演出したという。写真(カムリ ハイブリッド“レザーパッケージ”)のアルミホイールは17インチ。素の「カムリ ハイブリッド」は、16インチ+樹脂キャップとなる。
新型「トヨタ・カムリ」デビュー
(写真=小河原認)
新型「トヨタ・カムリ」デビュー

■ハイブリッドで燃費倍増

パワーユニットは、2.5リッターガソリンエンジン(160ps、21.7kgm)にモーター(143ps、27.5kgm)を組み合わせたハイブリッドユニットのみとなる。
ベースとなるエンジンは、先代モデルの2.4リッターエンジンに比べて排気量がアップしただけでなく、ミラーサイクル(吸気バルブを遅閉じして、圧縮比以上の膨張比を得る燃焼方式)やクールEGR(排気の一部を冷却して吸気に回す機構)などの採用で、燃焼効率も向上。加速性能を3リッターガソリン車並みとしながら、10・15モードの燃費値はクラス最高レベルの26.5km/リッター(JC08モードは23.4km/リッター)を実現した。なお、先代モデル(2.4リッターガソリン、FF車)の同値は11.4km/リッターである。

組み合わされるトランスミッションは全車CVTで、駆動方式はFFのみ。いまどきのエコカーと同様に、走行モードは燃費を優先する「ECOモード」やモーターのみで走る「EVモード」が選択可能。ナビゲーションシステムの画面には、燃費などエコドライブに関する詳しい情報も表示される。

そのほか、7つのエアバッグをはじめ、コーナリング中などに車両の姿勢を自動的に安定させる「S-VSC&TRC」や、急ブレーキ時に後続車に注意を促す「緊急ブレーキシグナル」、坂道発進での後退を防止する「ヒルスタートアシスト」などの安全装備も全車標準。あらゆるメニューの充実を図り、国内市場におけるミドル級セダン復権を狙う。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カムリの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る