東京モーターショー2017

【東京モーターショー2017】フォルクスワーゲンは「I.D.BUZZ」や新型「ポロ」など8台を日本初公開

2017.10.16 自動車ニュース
「フォルクスワーゲンI.D.BUZZ」
「フォルクスワーゲンI.D.BUZZ」拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年10月16日、第45回東京モーターショー(開催期間:2017年10月25日~11月5日)における出展概要を発表した。

新型「ポロ」
新型「ポロ」拡大
「up! GTI」
「up! GTI」拡大
「アルテオン」
「アルテオン」拡大
「ゴルフRパフォーマンス」
「ゴルフRパフォーマンス」拡大

今回のフォルクスワーゲンブースのテーマは「We make the future real」。コンパクトカー「ポロ」の新型や、2022年に生産することが決定している「I.D.BUZZ」のほか、スポーティーなモデルや最新のカタログモデルを展示するという。

出展予定車は、以下の通り。9台の展示車両のうち、「パサートGTEアドバンス」を除く8台が日本初公開モデルとなる。

  • I.D.BUZZ
  • ポロTSIハイライン
  • up! GTI
  • アルテオンRライン アドバンス
  • e-ゴルフ
  • ゴルフGTE
  • ゴルフRパフォーマンス
  • パサートヴァリアントTDI
  • パサートGTEアドバンス

このほか、電気自動車「I.D.CROZZ」のエクステリアやインテリアをバーチャルに体験できる「VR Experience」や、ヘッドマウントギアを用いて潜在意識を読み取ることで最適な一台を提案するバーチャルショールーム「Intuitive Car Finder」など、体験型の展示も行われる。

(webCG)

関連キーワード:
東京モーターショー2017モーターショー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事