ジェイテクト、多摩美術大学とともに50年後のモビリティーを提案

2017.10.18 自動車ニュース
ドライブシミュレーターの説明をする多摩美術大学の谷口暁彦講師。
ドライブシミュレーターの説明をする多摩美術大学の谷口暁彦講師。拡大

自動車部品の開発・製造などを手がけるジェイテクトは2017年10月18日、第45回東京モーターショーの開催に合わせ、東京・銀座のショールーム「JTEKT ROOM Ginza」において、未来のモビリティーを題材としたサテライト企画「MOBIVERSE ~未来のモビリティの可能性~」を開催すると発表した。

企画の概要を説明する多摩美術大学の久保田晃弘教授。イベント名であり、企画のテーマでもある「MOBIVERSE」とは、モビリティーとユニバース(宇宙)を組み合わせた造語である。
企画の概要を説明する多摩美術大学の久保田晃弘教授。イベント名であり、企画のテーマでもある「MOBIVERSE」とは、モビリティーとユニバース(宇宙)を組み合わせた造語である。拡大
ドライブシミュレーターでは、“クルマ”にしたいオブジェクトに「モビリティーユニット」を装着し、走らせるというもの。装着されるユニットの数や、装着される場所などにより、走り方が変わるのが体験できる。
ドライブシミュレーターでは、“クルマ”にしたいオブジェクトに「モビリティーユニット」を装着し、走らせるというもの。装着されるユニットの数や、装着される場所などにより、走り方が変わるのが体験できる。拡大
ウェブサイトではオブジェクトの3Dデザインデータも配布されている。左端のオブジェクトの下に装着されているのが、モノを移動手段とする「モビリティーユニット」。
ウェブサイトではオブジェクトの3Dデザインデータも配布されている。左端のオブジェクトの下に装着されているのが、モノを移動手段とする「モビリティーユニット」。拡大
企画「MOBIVERSE ~未来のモビリティの可能性~」に参加した、多摩美術大学のメンバー。
企画「MOBIVERSE ~未来のモビリティの可能性~」に参加した、多摩美術大学のメンバー。拡大

ベッドやイスが“移動手段”になる?

この企画では、多摩美術大学のデザインチームが、50年後のモビリティーのあり方を検討。自動運転や相互接続が当たり前となった未来におけるモビリティーの可能性を、美術大学ならではの方法で表現したものとなっている。

具体的には、「イスやベッドにモビリティー機能を追加することで移動手段とする」という未来を想定したドライブシミュレーターを展示。ユニークな形状のオブジェクトにモビリティーユニットを組み合わせる未来の移動装置が、さまざまな環境の中でどのように走行するかを、80インチモニターで体験できるという。

また、このシミュレーターについてはライト版をウェブサイトで体験することも可能。高度なソフトウエアと相互通信技術によってクラウド化した、自動運転時代のモビリティーについて紹介する動画も公開されている。

今回の企画について、多摩美術大学の久保田晃弘教授は「モビリティーに関する既成概念を取り払い、未来のクルマではなく未来のモビリティーについて考えた」と説明。またシミュレーターを開発した谷口暁彦講師は、さまざまな物体にモビリティー機能を追加して移動手段とするアイデアについて、「通信技術の進化により、カーシェアリングやUberなどといった時間単位でのモビリティーの“量り売り”が実現した。テクノロジーの進化により、もっと違う形での“量り売り”ができるのでは?」と述べた。

「MOBIVERSE ~未来のモビリティの可能性~」の開催期間は、2017年10月18日から11月24日まで。ショールームの開館時間は10:00~17:30で、土曜、日曜は休館となっている。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
新着記事