東京モーターショー2017

【東京モーターショー2017】トヨタが燃料電池バスのコンセプトモデルを発表

2017.10.18 自動車ニュース
「トヨタSORA」(コンセプトモデル
「トヨタSORA」(コンセプトモデル)拡大

トヨタ自動車は2017年10月18日、第45回東京モーターショー(開催期間:2017年10月25日~11月5日)に、燃料電池バス(以下FCVバス)のコンセプトモデル「SORA」を出展すると発表した。

 
【東京モーターショー2017】トヨタが燃料電池バスのコンセプトモデルを発表の画像拡大
 
【東京モーターショー2017】トヨタが燃料電池バスのコンセプトモデルを発表の画像拡大
 
【東京モーターショー2017】トヨタが燃料電池バスのコンセプトモデルを発表の画像拡大
 
【東京モーターショー2017】トヨタが燃料電池バスのコンセプトモデルを発表の画像拡大
 
【東京モーターショー2017】トヨタが燃料電池バスのコンセプトモデルを発表の画像拡大

パワープラントだけでなく先進装備にも注目

SORAは、「受け継がれていく街のアイコン」をコンセプトに開発された路線バスのコンセプトモデルである。パワープラントは燃料電池車「ミライ」向けに開発された「トヨタフューエルセルシステム」で、最高出力9kW、供給電力量235kWhという高出力、大容量の外部給電システムの搭載により、災害時には電源としても利用可能となっている。

機能性や安全性を高める先進技術も特徴となっている。具体的には、バス停で路面の誘導線をカメラが検知し、自動操舵と自動減速により、バス停とバスの隙間を約3~6cm、バスの停車位置から前後約10cmの精度で停車させることができる自動正着制御を採用。車いすやベビーカーを利用する乗客の乗降性を向上させている。また、車両の内外に配置した8個の高精細カメラが、バス周囲の歩行者や自転車などを検知し、運転手に音と画像で知らせる周辺監視機能を搭載。車車間通信や路車間通信を用いたITS Connectには、バス同士の車群走行の支援や、バス優先の信号制御(PTPS)を追加しており、路線全体での輸送力や速達性、定時性を向上させている。

このほかにも、変速ショックのない電動パワープラントの特性に加え、急加速を抑制し、緩やかな発進を可能とする加速制御機能を採用するなどして、立って乗車する利用者の安全性に配慮。ベビーカーや車いすの乗車スペースには、ベビーカーや車いす利用者がいない場合は、一般利用者が座ることができる自動格納機構付き横向きシートを備えている。

トヨタでは、このコンセプトモデルをベースとした市販型は2018年に発売。2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、東京都を中心に100台以上の導入を見込んでいる。

(webCG)
 

関連キーワード
東京モーターショー2017
関連記事
関連サービス(価格.com)