第64回:水漏れもドラマチック

2017.10.24 カーマニア人間国宝への道

まさかの水漏れ

赤い玉号こと「328GTS」に、新型のキダスペシャル製マフラーを装着し、その出来に150%マンゾク倶楽部。意気揚々と引き上げようとした時に目に入ったもの。それは、車体の下からポタポタポタポタと、かなりの勢いで漏れている液体だった。

触ってみると、サラサラしていて水っぽい。色も緑っぽいので、クーラントと見て間違いない。

水漏れも、「ポタッ、ポタッ」くらいならまぁ大丈夫かなって感じだが、「ポタポタポタポタ」だと、あまり走りたくない感じになる。そして今回の漏れ方は、あまり走りたくない部類のものだった。

岡田ピー「どっかホースが緩んだのかなぁ……。つってもそんなの、僕じゃ直せないし」

私「このまま自宅に戻っても、そっから動かせなくなりそうだし、このまま走るなら、せめて尾上ちゃんとこへ向かうのがよくない?」

岡田ピー「うーん、それしかないですねぇ」

ということで、我々は赤い玉号と激安オペル(岡田ピー自家用車)の2台で新小金井街道をひた走り、尾上サービスに向かうことにした。

距離は約30km。1.5リッターの水入りペットボトルを積み、なんとか持ってくれることを祈りつつの出発だ。

赤い玉号の運転は、自分でするのは怖いので、岡田ピーにまかせることにした。どーもスイマセン。

気づくと、こんなところに水漏れが……。
気づくと、こんなところに水漏れが……。
心配そうに車両内部をのぞきこむ岡田ピー。
心配そうに車両内部をのぞきこむ岡田ピー。
取りあえず、尾上サービスへ。助手席にペットボトルを入れ、出発!
取りあえず、尾上サービスへ。助手席にペットボトルを入れ、出発!
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
新着記事