ランボルギーニ、「アヴェンタドールSロードスター」を日本初公開

2017.10.20 自動車ニュース
「ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター 50thアニバーサリージャパン」
「ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター 50thアニバーサリージャパン」拡大

アウトモビリ・ランボルギーニ・ジャパンは2017年10月20日、「アヴェンタドールSロードスター」を日本で初公開した。標準仕様の車両価格は4996万9107円で、納車は2018年2月に開始される予定。

日本向け限定車は“五大”の考え方をヒントにしており、地・水・火・風・空の5仕様が用意される。今回お披露目されたのは“水”仕様。
日本向け限定車は“五大”の考え方をヒントにしており、地・水・火・風・空の5仕様が用意される。今回お披露目されたのは“水”仕様。拡大
室内には青いアクセントが入る。
室内には青いアクセントが入る。拡大
リアホイールアーチ前に貼られた50周年記念バッジ。
リアホイールアーチ前に貼られた50周年記念バッジ。拡大
発表会には、伊アウトモビリ・ランボルギーニのステファノ・ドメニカリCEOが出席した。
発表会には、伊アウトモビリ・ランボルギーニのステファノ・ドメニカリCEOが出席した。拡大
標準仕様の「アヴェンタドールSロードスター」。車両価格は4996万9107円。
標準仕様の「アヴェンタドールSロードスター」。車両価格は4996万9107円。拡大

5台限定の日本市場向けロードスターが登場

2017年9月のフランクフルトモーターショーでワールドデビューを果たしたアヴェンタドールSロードスターが、早くも日本にやって来た。今回がアジア地区での初公開になるという。

キャビン背後のエンジンフードには、クーペとは異なった、より低さが強調されたデザインが与えられている。着脱可能なハードトップはカーボン製で重量は約6kg。取り外した後、フロントのトランクに収納することができる。

エンジンはクーペと同じ6.5リッターのV12自然吸気ユニットで740psと690Nmを発生する。動力性能は0-100km/h加速が3.0秒で最高速は350km/h。駆動方式もクーペと同じ4WDで、後輪も操舵される新しい四輪ステアリングシステムが装着されている。

今回の発表会には伊アウトモビリ・ランボルギーニのステファノ・ドメニカリCEOが出席し、5台限定の日本市場向け特別仕様車「アヴェンタドールSロードスター 50thアニバーサリージャパン」を披露した。

このモデルは日本に初めてランボルギーニが輸入されてから今年で50周年に当たることを記念したもの。万物を生成する五つの要素である五大(ごだい)の思想にヒントを得ており、5台はそれぞれ地(ボディーカラーは黄緑)、水(青)、火(赤)、風(銀)、空(水色)と呼ばれる。ただし、お披露目の時点ですでに完売とのことだ。

(webCG)

関連キーワード:
アヴェンタドール ロードスターランボルギーニ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第100回:絶滅危惧種のカーマニアに愛の手を! 2018.7.24 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第100回は「絶滅危惧種のカーマニアに愛の手を!」。ただひたすらにクルマを愛しているだけなのに、なぜこんなにも風当たりが強いのか!? 海ほたるPAで目撃した、カーマニアいじめにモノ申す。 
  • BMW X4 xDrive30i(4WD/8AT)/X4 xDriveM40d(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.7.19 試乗記 BMWのコンパクトでスタイリッシュなクロスオーバーモデル「X4」がデビューから4年半で早くも2代目に進化。新世代のボディー骨格を得て刷新されたSAC(スポーツ・アクティビティー・クーペ)は、しなやかな乗り味と高い静粛性でさらに魅力を増していた。
  • フェラーリ488ピスタ(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.7.2 試乗記 「フェラーリ488GTB」をベースに、その走行性能を徹底的に高めたスペシャルモデル「488ピスタ」。マラネロのエンジニアたちは、この新型スーパースポーツでどんな走りを実現したのか。最終量産型に聖地フィオラノで試乗した。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
ホームへ戻る