日本人選手が世界王者に!
魅惑のスカイスポーツ・ワールド

2017.10.23 デイリーコラム

室屋選手、レッドブル・エアレースを制覇!

2017年10月15日、アメリカのインディアナポリスで開催されたレッドブル・エアレース最終戦で、日本人パイロットである室屋義秀選手が優勝。同時に2017年シリーズ戦のチャンピオンとなった。インディ500を制した佐藤琢磨選手が応援する目の前での優勝。なんと感動的で歴史的な日であっただろうか。ひとりのファンとして、最大限の祝いの言葉を贈りたいと思う。

思えば、室屋選手を初めて知ったのは、昨年(2016年)のレッドブル・エアレースの日本大会であった。エアレースはまったくの素人だった筆者は、「こんな大きなイベントに参加する、日本人パイロットが存在するのか」と驚いた。しかも、そんなエアレース初心者の目の前で、室屋選手は初優勝を果たす。いい年をしたオジサンとして、めったにないほど興奮させていただいた。その感動の主が、なんと今年はシリーズ4勝でチャンピオン! 昨年の初優勝の場に居合わせることができたのが光栄なことであったと、あらためて感じ入るばかりだ。

ところで、昨年驚いたのは室屋選手についてだけでない。エアレースの存在そのものにも驚いた。パイロンで作られたコースを1人でいかに速く飛ぶかというレッドブル・エアレースは、クルマの世界で言えばジムカーナだ。そして、調べてみると飛行機を使った競技(スカイスポーツ)は、それ以外にもいろいろあった。

例えば、室屋選手がもともとやっていたエアロバティック。日本語で言えば曲芸飛行だ。こう聞くと、航空関連のイベントで披露されるショーばかりを思い浮かべてしまうが、実のところ競技もある。エアロバティックという競技は、定められた飛び方(技)をいかに完璧にこなすかというもの。アイススケートのフィギュアや体操競技に近い。日本にも日本曲芸飛行協会があって、競技会が開催されている。もちろん、日本だけでなく世界各地で開催されており、欧州戦や世界戦も行われている。

2017年のレッドブル・エアレースでシリーズチャンピオンに輝いた室屋義秀選手(中央左)と、室屋選手を祝福するレーシングドライバーの佐藤琢磨選手(中央右)。(Joerg Mitter/Red Bull Content Pool)
2017年のレッドブル・エアレースでシリーズチャンピオンに輝いた室屋義秀選手(中央左)と、室屋選手を祝福するレーシングドライバーの佐藤琢磨選手(中央右)。(Joerg Mitter/Red Bull Content Pool)拡大
米・インディアナポリスのコースを飛ぶ室屋選手のエアレーサー。青と緑の、ファルケンタイヤのカラーリングが目を引く。(Andreas Langreiter/Red Bull Content Pool)
米・インディアナポリスのコースを飛ぶ室屋選手のエアレーサー。青と緑の、ファルケンタイヤのカラーリングが目を引く。(Andreas Langreiter/Red Bull Content Pool)拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事