「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI/R」にさらなる高性能モデル登場

2017.10.23 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ゴルフGTIパフォーマンス」。ボディーカラーは新色の「ダークアイアンブルー」。
「フォルクスワーゲン・ゴルフGTIパフォーマンス」。ボディーカラーは新色の「ダークアイアンブルー」。拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年10月23日、「ゴルフGTI」および「ゴルフR」に特別仕様車「ゴルフGTIパフォーマンス」「ゴルフRパフォーマンス」をそれぞれ設定し、前者が500台、後者が100台の台数限定で発売した。

「ゴルフGTIパフォーマンス」のインテリア。
「ゴルフGTIパフォーマンス」のインテリア。拡大
「ゴルフGTIパフォーマンス」はマイクロフリースの専用シートトリムを採用する。
「ゴルフGTIパフォーマンス」はマイクロフリースの専用シートトリムを採用する。拡大
「ゴルフGTIパフォーマンス」専用の19インチアルミホイール。
「ゴルフGTIパフォーマンス」専用の19インチアルミホイール。拡大
「ゴルフRパフォーマンス」。ボディーカラーはゴルフRとしては初めて設定された「ターメリックイエローメタリック」。
「ゴルフRパフォーマンス」。ボディーカラーはゴルフRとしては初めて設定された「ターメリックイエローメタリック」。拡大
こちらは従来より“R”専用色として設定されている「ラピスブルーメタリック」。
こちらは従来より“R”専用色として設定されている「ラピスブルーメタリック」。拡大
「ゴルフRパフォーマンス」には、アクラポヴィッチと共同開発した専用チタンエキゾーストシステムが装着される。
「ゴルフRパフォーマンス」には、アクラポヴィッチと共同開発した専用チタンエキゾーストシステムが装着される。拡大
カーボンドアミラーがエクステリアのスポーティーさを高めている。
カーボンドアミラーがエクステリアのスポーティーさを高めている。拡大
ブラックにペイントされた「ゴルフRパフォーマンス」専用の19インチアルミホイール。
 
ブラックにペイントされた「ゴルフRパフォーマンス」専用の19インチアルミホイール。
	 拡大

今回のゴルフGTIパフォーマンスとゴルフRパフォーマンスは、エンジンやシャシー、ブレーキなどに専用チューニングを施すことで、ベースモデルから走行性能を高めたハイパフォーマンスモデルである。

ゴルフGTIパフォーマンスについては、ゴルフGTIをベースに、専用チューニングによって2リッター直4ターボエンジンの最高出力を15ps向上させた(245ps)ほか、ゴルフGTIとしては初となる7段ATを採用。このほか電子制御油圧式フロントディファレンシャルロックや大径ブレーキディスクなども標準装備とした。さらにエクステリアには専用19インチアルミホイールを、インテリアにはマイクロフリースの専用シートトリムを採用するなど、視覚面でもスペシャルモデルであることをアピールしている。

ゴルフGTIパフォーマンスの特別装備は以下の通り。

  • 専用チューン「2.0TSI」エンジン(最高出力245ps。ベースモデルよりも15psアップ)
  • 電子制御油圧式フロントディファレンシャルロック
  • 大径ブレーキディスク
  • アダプティブシャシーコントロール“DCC”
  • 225/35R19タイヤ/7.5J×19アルミホイール
  • 専用マイクロフリーストップスポーツシート
  • テクノロジーパッケージ(デジタルメータークラスター“Active Info Display”、ダイナミックコーナリングライト/ダイナミックライトアシスト、ダークテールランプ/LEDテールランプ)
  • フォルクスワーゲン純正インフォテインメントシステム“Discover Pro”(SSDナビゲーションシステム、VICSワイド対応、DVD/CDプレイヤー、MP3/WMA再生、AM/FM、ワイドFM対応、地デジTV受信、BlueToothオーディオ/ハンズフリーフォン、ジェスチャーコントロール、“Volkswagen Media Control”アプリケーション対応)
  • モバイルオンラインサービス“Volkswagen Car-Net”(コネクティビティー機能“App-Connect”、テレマティクス機能“Guide&Inform”)

ボディーカラーは新色の「ダークアイアンブルー」(限定300台)と「ピュアホワイト」(同200台)の2色を設定。価格は456万円。

一方のゴルフRパフォーマンスは、ゴルフRをベースに、欧州最大のエキゾーストメーカーであるアクラポヴィッチと共同開発した専用チタンエキゾーストシステムを採用。穴開きブレーキディスクやパフォーマンスブレーキパッドなどからなる専用のブレーキシステムや、専用19インチアルミホイールも装備する。また、カーボン風のテクスチャーを施したナパレザーシートや、カーボンドアミラーなどにより、スポーティーな雰囲気を演出している。

ゴルフRパフォーマンスの特別装備は以下の通り。

  • “アクラポヴィッチ”チタンエキゾーストシステム(デュアルツインエキゾーストパイプ)
  • パフォーマンスブレーキシステム
  • 235/35R19 タイヤ/8J×19アルミホイール
  • 専用エクステリア(ブラックフロントグリル、フロント&リアバンパー、リアスポイラー、カーボンドアミラー)
  • ナパレザーシート

ボディーカラーはゴルフR専用色の「ラピスブルーメタリック」(限定70台)と、ゴルフRとしては初設定となる「ターメリックイエローメタリック」(同30台、3万2400円高)の2色展開。価格は599万9000円。

(webCG)

関連キーワード:
ゴルフフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツA200(FF/7AT)/A250エディション1(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.14 試乗記 ブランドの“若返り”に大きく貢献したメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジ。デザインも設計も一新され、装備やインターフェイスなど、あらゆるところに新機軸が採用された新型の実力を試す。
  • フォルクスワーゲンup! GTI/ポロGTI/ゴルフGTIパフォーマンス【海外試乗記】 2018.5.8 試乗記 フォルクスワーゲンが擁するホットハッチ「up! GTI」「ポロGTI」「ゴルフGTI」が、スペインのアスカリサーキットに集結。その走りを公道とクローズドコースの双方で確かめるとともに、今年で誕生42年を迎えるGTIブランドの進化に思いをはせた。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.24 試乗記 フォルクスワーゲンのベストセラーコンパクト「ポロ」がフルモデルチェンジ。エンジンがさらにダウンサイジングされた一方で、ボディーは大きく立派になり、ついに3ナンバーの領域に突入。そこに“ポロらしさ”はあるのだろうか。
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
ホームへ戻る