第453回:ヴェラールの美しさの秘密を探る
ランドローバー社のクリエイティブディレクターにインタビュー

2017.10.25 エディターから一言
ランドローバーでクリエイティブディレクターを務めるマッシモ・フラスチェッラさん。
ランドローバーでクリエイティブディレクターを務めるマッシモ・フラスチェッラさん。

レンジローバーブランドの特徴であるラグジュアリーさと優れた走破性能を受け継ぎながら、無駄を排した美しいデザインが自慢の「レンジローバー ヴェラール」。ランドローバーのクリエイティブディレクター、マッシモ・フラスチェッラさんにその見どころを聞いた。

使用しないときはドアパネルに格納される“デプロイアブル・ドアハンドル”。
使用しないときはドアパネルに格納される“デプロイアブル・ドアハンドル”。
「レンジローバー ヴェラール」は「reductionism」(リダクショニズム=還元主義)という考え方に基づいてデザインされている。
「レンジローバー ヴェラール」は「reductionism」(リダクショニズム=還元主義)という考え方に基づいてデザインされている。

シンプルな中に美を見いだす

――レンジローバー ヴェラールのスタイリングは、しばしば「reductionism」(リダクショニズム=還元主義)という考え方に基づいてデザインされたと説明される。このリダクショニズムとは何か。

フラスチェッラさん:ランドローバー社のデザインはこれまでもシンプルであることを特徴としてきましたが、ヴェラールではそのシンプルさを“次なる次元”に高めました。ヴェラールではエクステリアデザインを構成するラインやディテールなど、いらないものを削(そ)ぎ落としていき、主だったキャラクターを形作るラインだけを残しました。例えば、使用しないときはドアパネルに格納される“デプロイアブル・ドアハンドル”は還元主義を顕著に反映したものと言えます。インテリアも同様で、スイッチ類の数は最低限に抑え、シンプルに徹しています。

――同じくリダクション(削減)するにしても、過去と現在ではどう違うのか。

フラスチェッラさん:過去においては、クロスカントリー4WD車としての機能性により重きを置いたデザインになっていたと思います。今も機能性の高さという点では変わりはありませんが、デザインにエモーショナル(感情的)な面が表現されているのが違っています。以前、われわれのお客さまは、ランドローバー車が「必要だから」買ってくださった。でも、今はそれだけではなく、「欲しいから」購入してくださるお客さまも数多くいらっしゃる。そういう違いがあるのではないでしょうか。

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る