第209回:日本メーカーよ、忍者屋敷DNAで奮闘せよ! ドアノブ紆余曲折物語

2011.09.02 エッセイ

第209回:日本メーカーよ、忍者屋敷DNAで奮闘せよ!ドアノブ紆余曲折物語

「シボレー・アヴェオ」
「シボレー・アヴェオ」
「シボレー・スパーク」後部の隠しドアノブ。
「シボレー・スパーク」後部の隠しドアノブ。
隠しドアノブの先鞭をつけた「アルファ156」。
隠しドアノブの先鞭をつけた「アルファ156」。

アルファが先鞭をつけた、アレ

イタリアではシボレーの新型車「アヴェオ」のプロモーションが活発になってきた。韓国GM(旧GM大宇自動車技術)のコンパクトカーである。
ボクの心のなかにあるシボレーは、往年の歌手ダイナ・ショアがCMソング『SEE THE USA IN YOUR CHEVROLET』(最近、米国の人気TVドラマ『Glee』の面々がリメイクをしている)を歌っていた時代のシボレーである。だが時は流れ、時代は変わる。今日の欧州でシボレーといって多くの人が思いつくのは、もはや韓国GM製であることは、まぎれもない事実である。妹分「シボレー・スパーク」の好調を背景に、「アヴェオ」もそこそこ行きそうな気がする。

そのシボレー・アヴェオの後部のドアノブは、ウィンドウ横にビルトインされている。いわば隠しドアノブである。「シボレー・スパーク」も同様のドアノブが装着されている。
隠しドアノブのトレンドは、今をさかのぼること14年前の1997年秋に登場した「アルファ156」が始まりである。続いて2001年に登場した「アルファ147」の5ドア版も同様の隠しドアノブを備えていた。アルファ・ロメオが先鞭(せんべん)をつけた背景には、本国イタリアのクルマ文化があろう。イタリアで3ドアのクルマは、「4/5ドアよりもボディ剛性が良い」という信仰と、後席に家族がいることを感じさせないことから「若さ」の象徴であるのだ。後ろのドアノブを取り払うことで3ドア風に見せることには、大いに意義があったのである。

ざっと見ただけでも、前述のモデル以外に、「シボレー・ソニック」「アキュラZDX」「アルファ・ロメオ ジュリエッタ」「奇端A3」「シトロエンDS4」、ホンダの「シビック 5ドアハッチバック」、新型「ランチア・イプシロン」、日産の「ジューク」「クエスト」、「プジョー207」(ブラジル工場製)、「セアト・レオン」「シュコダ・ルームスター」などが、現在隠しドアノブを採用している。

新型「ランチア・イプシロン」
新型「ランチア・イプシロン」
新型「イプシロン」のドアノブ。
新型「イプシロン」のドアノブ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。