クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)

さらば路上のシーラカンス 2017.10.28 試乗記 数多くのファンに惜しまれつつ、半世紀におよぶ歴史に幕を閉じた「ホンダ・モンキー」。試乗を通してあらためてその魅力を探るとともに、1967年の誕生以来、今日に至るまで愛されてきたホンダの小さな名車に、惜別のメッセージを贈る。

50年目の引退セレモニー

「あんまり小さいんで、バイクを撮ってるんだか人を撮ってるんだかわからなくなる」
そうこぼしたのは三浦カメラマン。確かに、人がまたがると埋もれて見えなくなるのだろう。

「めちゃくちゃ怖かったです」
これはwebCGの藤沢編集部員のセリフ。オートバイに乗り慣れない上に、普通の原付きよりさらにちっちゃいヤツで交通量の多い都会を走らされたら、そりゃビビるに違いない。

「だろう」とか「違いない」とか、そういう親身な想像がたやすくできるほどに、僕らはモンキーを知っている。何しろ1967年の発売だ。街で見かける機会が少なくなっても「きっとどこかで生き続けているのだろう」と、例えば人目につかない場所でひっそり暮らす、シーラカンスのように思ってきた。

ところが、生誕50周年に当たる今年(2017年)の8月。ついに生産中止となった。それを記念して――いや、記念しているのは生産中止ではなく生誕50周年のほうだけど――特別仕様車が次々にリリースされた。今回試乗したのは、2月末発売の「モンキー50周年アニバーサリー」。これに続いて、7月には500台限定の「モンキー50周年スペシャル」が登場している。この最後の年の盛り上げ方は、まるで人気アスリートの引退セレモニーだ。

1967年に、遊園地の遊具のロードバージョン(?)として登場した「ホンダ・モンキー」。ユニークなミニバイクとして実に50年にわたり親しまれてきたが、2017年8月末をもって生産終了となった。
1967年に、遊園地の遊具のロードバージョン(?)として登場した「ホンダ・モンキー」。ユニークなミニバイクとして実に50年にわたり親しまれてきたが、2017年8月末をもって生産終了となった。拡大
ボディーサイズは全長×全幅×全高=1365×600×850mmと非常にコンパクト。ライダーがまたがると、ご覧の通り小ささが際立つ。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=1365×600×850mmと非常にコンパクト。ライダーがまたがると、ご覧の通り小ささが際立つ。拡大
今回試乗したのは、2017年2月に発売された「モンキー50周年アニバーサリー」。“初代モンキー”こと「モンキーZ50M」をほうふつとさせるカラーリングが特徴で、各所に50周年を祝うロゴがあしらわれている。
今回試乗したのは、2017年2月に発売された「モンキー50周年アニバーサリー」。“初代モンキー”こと「モンキーZ50M」をほうふつとさせるカラーリングが特徴で、各所に50周年を祝うロゴがあしらわれている。拡大
注目の記事PR
  • ドライブの汚れも一網打尽。“美人すぎるタクシードライバー”がダイソンの吸引力をリポート。
    ドライブの汚れも一網打尽。“美人すぎるタクシードライバー”がダイソンの吸引力をリポート。 ダイソン
注目の記事一覧へ

もはや“原付き”は絶滅の運命?

モンキーが生産中止に追い込まれた最大の理由は、主に排ガスを軸にした規制強化だ。2016年10月から適用されたEU発のユーロ4と、それに準じる国内レギュレーションの平成28年排出ガス規制。そのいずれにも、モンキーは適応しない。というか、数多くの国産市販車もクリアできず生産中止を迎える。それがどれほどの数量なのか、各社のホームページで数えようかと思ったけれど、あまりに多くて諦めたほどの多さなのである。

とはいえ、メイド・イン・ジャパンの技術力をもってすれば幾多の規制を乗り越えられるはずだ。現に、モンキーはとうの昔にキャブレターを捨て、ホンダ式の電子制御燃料噴射装置PGM-FIに改めて延命を図ってきた。

しかし現実的には、より厳しくなった新規制に対応させるだけのコストを払ってまで、既存車種を生産し続ける意味はないのだろう。それよりは、一時的にラインナップが減ったとしても新規制をクリアする魅力的なニューモデルを開発したほうが得策ではないのか? 今回の規制による“リストラ”に怒りを覚えている二輪ファンには申し訳ないけれど、自分が経営者だったらその判断を疑わない。

ひとつ気がかりなのは、緩くなるはずがない現状以降の規制において、内燃機関の“原付き”は存続困難に陥るらしいことだ。元から排気量区分や免許制度的にドメスティックな存在だったが、それもグローバル化の波に洗い流される。そうしてモンキーは絶滅する。こう書くと秋の終わりの浜辺みたいな寂しさが募るが、それも宿命なのだ。

エンジンは49ccの空冷4ストローク 単気筒OHC。ノーマルでは最高出力3.4ps、最大トルク3.4Nmと非力だが、ちまたにはボアアップキットやDOHCヘッドなど、さまざまなチューニングのパーツやノウハウがあふれている。
エンジンは49ccの空冷4ストローク 単気筒OHC。ノーマルでは最高出力3.4ps、最大トルク3.4Nmと非力だが、ちまたにはボアアップキットやDOHCヘッドなど、さまざまなチューニングのパーツやノウハウがあふれている。拡大
エンジンスタートは古式ゆかしきキックのみ。“デコンプ”などという文明的な機構は備わっていないが、そんなものなくても始動で困ることはない。
エンジンスタートは古式ゆかしきキックのみ。“デコンプ”などという文明的な機構は備わっていないが、そんなものなくても始動で困ることはない。拡大
メーターは速度計のみのアナログ・単眼式。オドメーターや燃料の警告灯を備えるなど、意外や装備は現代的だ。
メーターは速度計のみのアナログ・単眼式。オドメーターや燃料の警告灯を備えるなど、意外や装備は現代的だ。拡大
「モンキー50周年アニバーサリー」には、これも初代モンキーを模したというチェック柄のシートが装備される。
「モンキー50周年アニバーサリー」には、これも初代モンキーを模したというチェック柄のシートが装備される。拡大
カタログ上の燃費は100km/リッターと、まさかの3ケタ! 速度計には60km/hまで目盛りが刻まれているが、もちろん公道ではそんなにスピードを出してはいけないし、そもそもそんなにスピードは出ない。
カタログ上の燃費は100km/リッターと、まさかの3ケタ! 速度計には60km/hまで目盛りが刻まれているが、もちろん公道ではそんなにスピードを出してはいけないし、そもそもそんなにスピードは出ない。拡大
エンジン同様、車体の構造は非常にシンプル。サスペンションは前がテレスコピック式、後ろがスイングアーム式で、リアタイヤを挟む2本のスプリングダンパーがクラシカルな雰囲気を盛り上げる。
エンジン同様、車体の構造は非常にシンプル。サスペンションは前がテレスコピック式、後ろがスイングアーム式で、リアタイヤを挟む2本のスプリングダンパーがクラシカルな雰囲気を盛り上げる。拡大
これも「モンキー」の大きな特徴だった、ハンドルの折りたたみ機構。工具類は一切必要なく、コンパクトなモンキーをさらに小さくして運ぶことが可能だった。
これも「モンキー」の大きな特徴だった、ハンドルの折りたたみ機構。工具類は一切必要なく、コンパクトなモンキーをさらに小さくして運ぶことが可能だった。拡大
ホンダはバンコクモーターショーに続き、東京モーターショーでもコンセプトモデル「モンキー125」を発表した。“原付き”ならではの気軽さはなくなってしまうかもしれないが、案外近いうちに「モンキー」は復活するかもしれない。
ホンダはバンコクモーターショーに続き、東京モーターショーでもコンセプトモデル「モンキー125」を発表した。“原付き”ならではの気軽さはなくなってしまうかもしれないが、案外近いうちに「モンキー」は復活するかもしれない。拡大

浅はかにも“保護施設”に期待してみる

そうかと思えば、2016年3月に開催されたバンコクモーターショーでは、現地名「MSX125」、日本名「グロム」をベースにした「モンキー コンセプト」が発表されていた。その排気量は125cc。ということは、何回りも大きくなって復活を果たすのか? もしそうなったら、少なくとも三浦カメラマンは人車一体感を高めた写真が撮れるに違いない。あるいは藤沢編集部員も路肩であおられる恐怖から救われるかもしれない。いいことずくめじゃないか。

いやいや、人間そんなに割り切れるものじゃない。原付きだからこそのモンキーという郷愁を捨て去るのは難しいだろう。

では、どうするか? どこかのお金持ちが広大な私有地を「モンキーセンター」にしてくれることに期待しよう。現状どれほどのモンキーが市場に残存しているか不明だが、その多くを買い込み、園内を自由に走れるようにする。もはや公道を走るにはパフォーマンス不足が否めないから、そういう利用の仕方が望ましい。

そもそも論で言えば、モンキーは1961年に東京都日野市でオープンした遊園地、多摩テック内の遊具だった「Z100」が元祖なのだ。だから再びクローズドの場所に戻すのは先祖返りとして正しい。生きた化石と呼ばれるシーラカンスを生体保存させるみたいに。

でも、多摩テックは2009年に閉園したんだよな。再びそもそも論を持ち出せば、どこかの金持ちに期待すること自体が浅はかだよなあ。なんて書くと、寂しさにむなしさが絡まって真冬の九十九里浜を見るような思いが募る。

さらばモンキー、路上のシーラカンス。最後に新車にまたがれてよかった。規制がどうあれ当分は公道走行を許されるはずだから、どこかで出会ったら、今度こそ他人任せにしない生体保存の約束を交わそう。

(文=田村十七男/写真=三浦孝明/編集=堀田剛資)

 
ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】の画像拡大
 
ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】の画像拡大

【スペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=1365×600×850mm
ホイールベース:895mm
シート高:660mm
重量:68kg
エンジン:49cc空冷4ストローク単気筒OHC 2バルブ
最高出力:3.4ps(2.5kW)/8500rpm
最大トルク:3.4Nm(0.35kgm)/5000rpm
トランスミッション:4段MT
燃費:100.0km/リッター(国土交通省届出値 定地燃費値<30km/h>)
価格:35万2080円

関連キーワード:
モンキーホンダ試乗記

あなたにおすすめの記事