第158回:未来の自動車市場はプジョーが独占する?
『ブレードランナー 2049』

2017.10.26 読んでますカー、観てますカー

元祖は1982年の作品

35年ぶりの続編である。『ブレードランナー』が公開されたのは1982年。日本はバブル前夜で浮かれ気分に満ちていた。小泉今日子、中森明菜、松本伊代など、“花の82年組”と呼ばれる華やかな顔ぶれがデビューしたアイドル豊作の年でもある。総理大臣は、鈴木善幸から中曽根康弘に交代した。映画でヒットしたのは、『E.T.』『転校生』『蒲田行進曲』など。『ブレードランナー』は一部でカルト的な支持を集めたが、興行的には成功していない。

今ではSF映画の金字塔であることを疑うものはいないが、当時は斬新すぎる未来描写に観客は戸惑いを覚えたのだろう。ただ、世界中のクリエイターに衝撃を与えたのは確かで、影響を受けた数々の映画やマンガが生まれている。ハイテク都市とスラム街が混在する都市という設定は、ごく普通のものになっていった。

『ブレードランナー 2049』は元祖の続編なのだから、熱狂的なファンの期待値を上回るのは簡単なことではない。よほど自信がなければ監督を引き受けるのをためらうだろう。指名されたのは、ドゥニ・ヴィルヌーブ。文句のつけようのない人選である。昨年公開された『メッセージ』は複雑なタイムパラドックスをエンターテインメントとして成立させた稀有(けう)な作品だった。2013年の『複製された男』のような超難解作も作るが、芸術性と大衆性を両立させる才能を持っていることの証明である。

前作の監督であるリドリー・スコットも製作総指揮で参加している。そして、ブレードランナーのデッカードを演じたハリソン・フォードも出演するというのだ。ファンが歓喜するのは当然だろう。

 
第158回:未来の自動車市場はプジョーが独占する?『ブレードランナー 2049』の画像
 
第158回:未来の自動車市場はプジョーが独占する?『ブレードランナー 2049』の画像
 
第158回:未来の自動車市場はプジョーが独占する?『ブレードランナー 2049』の画像
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事