東京モーターショー2017

ヤマハ NIKEN:決して嫌いじゃない、見え見えの意欲

2017.10.25 自動車ニュース
「ヤマハNIKEN」
「ヤマハNIKEN」拡大

決め手は、造形からにじみ出るエンジニアの「こういうのが造りたかったんだよ!」という魂の叫び!! 二輪にも精通するライター、田村十七男が、東京モーターショーで世界初公開されたヤマハの三輪バイク「NIKEN(ナイケン)」の“衝撃”を語る。

 
ヤマハ NIKEN:決して嫌いじゃない、見え見えの意欲の画像拡大
 
ヤマハ NIKEN:決して嫌いじゃない、見え見えの意欲の画像拡大
 
ヤマハ NIKEN:決して嫌いじゃない、見え見えの意欲の画像拡大
 
ヤマハ NIKEN:決して嫌いじゃない、見え見えの意欲の画像拡大

「見て見て!」と言わんばかりのデザイン

とにかく純粋な気持ちをフル発動して、「これ乗ってみたい!」と思わせてくれたのがヤマハのNIKEN。ナイキ・エヌではなく「ナイケン」と読むそうな。

いわゆる3ホイラー。ただし前2輪。市販化されて久しいヤマハの「トリシティ」同様、「走行環境変化の影響を受けにくく、旋回時の高い安定性を生み出すLMW(リーニング・マルチ・ホイール)テクノロジー」を搭載しております。ただしトリシティはスクーター。こちらは排気量非公開ながら直列3気筒エンジンを抱え込んだロードスポーツ。

何かね、見え見えなんです。LMWの開発当初から「こういうのつくりたかった!」というエンジニアの意欲というか下心が。そういうの嫌いじゃないなあ。

何しろフロントまわりのデザインからして「見て見て!」と言わんばかりじゃありませんか。倒立式フロントチューブを4本くわえ込んだ顔たるや獲物に食らいつくホオジロザメのよう。あるいはバットマンのガレージで出番を待つ最新メカのイメージ。

「どんな風に走るんだろう?」。そういう期待感を抱かせてくれるモデルがショーの華なら、これほど未知への興味が膨らんだものはありませんでした。ワールドプレミアです。ぜひ発売していただき、下心を共有させてください。

(文=田村十七男/写真=webCG)

関連キーワード
東京モーターショー2017
関連記事