東京モーターショー2017

【東京モーターショー2017】ホンダは3台のコンセプトEVを発表

2017.10.25 自動車ニュース
「ホンダ・スポーツEVコンセプト」と、その概要を説明する八郷隆弘本田技研工業代表取締役社長。
「ホンダ・スポーツEVコンセプト」と、その概要を説明する八郷隆弘本田技研工業代表取締役社長。拡大

本田技研工業は2017年10月25日、第45回東京モーターショー(開催期間:2017年10月25日~11月5日)において、コンセプトモデル「スポーツEVコンセプト」を世界初公開した。

メインステージ上には、個性の異なる3台のコンセプトモデルが並んだ。
メインステージ上には、個性の異なる3台のコンセプトモデルが並んだ。拡大
「アーバンEVコンセプト」。2020年の市販化も予定されている。
「アーバンEVコンセプト」。2020年の市販化も予定されている。拡大
スポーツカーを思わせるデザインが与えられた「スポーツEVコンセプト」。
スポーツカーを思わせるデザインが与えられた「スポーツEVコンセプト」。拡大
こちらは「NeuV」。コンパクトなボディーと広いグラスエリアが特徴。
こちらは「NeuV」。コンパクトなボディーと広いグラスエリアが特徴。拡大
2018年の夏に国内で発売される「クラリティPHEV」。
2018年の夏に国内で発売される「クラリティPHEV」。拡大

操る喜びのあるEV

「自分を、もっともっと連れ出すんだ。」というメッセージをテーマに掲げたホンダ。世界初公開となるスポーツEVコンセプトをはじめとする3台のコンセプトモデルや、日本初公開となる「CR-V」など5台の市販予定モデル、新型「シビック」などの市販モデル、そして「マクラーレン・ホンダF1」などのレーシングマシンまでをズラリと会場に並べた。

「Harmonic White Mist」と名付けられた、未来をイメージしたというマットホワイトに塗られた3台のコンセプトモデルは、いずれもEV。2017年9月のフランクフルトモーターショーでワールドプレミアを果たした「アーバンEVコンセプト」は、「フィット」より全長が100mm短い、都市内の移動に適したコンパクトモデル。初代「シビック」をモチーフにしたと思われる、親しみやすい内外装デザインを持つ。これをベースにしたモデルを、2020年に市販化する予定という。

そのアーバンEVコンセプトと共通のEV専用プラットフォームを採用したのが、世界初公開となるスポーツEVコンセプト。「電動化されても決して失われることのない、ホンダのDNAである操る喜びを実現した」とうたったEVである。より低重心化したワイド&ローのボディーは、ロングノーズにコーダトロンカのテールなど、ややクラシックな印象のデザイン。アーバンEVコンセプトをシビックとすれば、かつての「CR-X」に相当する兄弟車的な存在といえる。

もう1台の「NeuV(ニューヴィー)」は、EVコミューターのコンセプトモデル。AIや自動運転技術を搭載し、ドライバーの表情や声の調子からストレスの状況を判断して安全運転のサポートを行うという。

日本初公開された新型「CR-V」は、ハイブリッド仕様や3列シート仕様もラインナップされ、2018年に国内発売予定。デザインを一新し、内容をブラッシュアップした「レジェンド」も2018年に発売される。また今年北米でデビューした新型「アコード」も、シビックやCR-Vと同様に日本国内を含めグローバルで販売していくことが発表された。

さらに、今年北米で発表された、ガソリン車と同等のユーティリティー性能を備え100km以上のEV走行を実現する「クラリティPHEV」も、来夏、日本市場に投入するという。

(文=沼田 亨)

関連キーワード:
CR-Vホンダ東京モーターショー2017モーターショー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事